2013年

10月

23日

【iDempiere標準業務機能】トップ画面

 ここでは、ログイン直後に表示されるトップ画面(トップメニュータブ)を調査及び研究し、その成果まとめています。

iDempiereトップ画面(メニュータブ)
iDempiereトップ画面(メニュータブ)

トップ画面イメージ

トップ画面イメージ
トップ画面イメージ

業務メニュー関連表示領域(画面上部中央~左側)

メニューボタン

メニュー表示
メニュー表示

 画面上部中央にある"メニュー"ボタンを押すと、iDempiereの各種メニューが表示されます。このメニューは「職責(Role)」と結びついており、職責毎に異なるメニューを表示させる事ができます。

 iDempiereのメニューのアイコンには次の4種類があります。

ウィンドウとフォーム

 データの登録/更新/削除を行う画面(ウィンドウとフォームの両方)を表すアイコンです。

レポート

 レポートを表示する画面を表すアイコンです。

プロセス(バッチ処理)

 プロセス処理(バッチ処理)を実行する画面を表すアイコンです。

 業務の処理手順を示すワークフロー(一般ワークフロー)を表示する画面のアイコンです。業務の処理手順を示すワークフローはいわゆる承認ワークフローとは別の機能になります。

メニュー検索フィールド

メニュー検索フィールド
メニュー検索フィールド

 メニュー検索フィールドでは、キーワードによりメニューを検索表示する事ができます。

新規作成アイコンがONの状態で、メニュー検索を使用して画面を開くと、新規データが登録できる状態で画面を開く事ができます。

フォルダアイコンがONの状態で、メニュー検索を使用して画面を開くと、既存データを参照する状態で画面が開きます。

【ポイント】メニュー検索フィールドでの検索方法

 メニュー検索フィールドを使用する際には、キーワードを入力して、Enterキーを押さない(確定させない)事がポイントです。Googleなどの検索サイトでは、検索キーワードを入力している最中に、入力補助機能として入力しようとしていると検索キーワードの候補がいくか表示されますが、iDempiereのメニュー検索も同様に、入力している検索キーワードに対して、該当するメニューを自動的に絞り込んで表示して行きますので、Enterキーを押す必要はありません。

iDempiereロゴ表示領域(画面上部左端)

 画面左上部にある、iDempiereのロゴをクリックするとポップアップウィンドウが表示され、エラーログなどを確認する事ができます。

iDempiereに関してタブ

iDempiereに関して
iDempiereに関して

Creditタブ

Creditタブ
Creditタブ

情報タブ

情報タブ
情報タブ

エラータブ

 iDempiere内でエラーが発生した場合、エラータブで確認する事ができます。Trace Levelの選択により、記録するレベルを変更する事ができます。エラーをファイルに出力することもできます。

エラータブ
エラータブ
View Log
View Log

 エラータブにある「表示」ボタンを押すと、Contextの情報などを確認する事ができます。

ログイン情報等表示領域

ログインユーザー情報とログインクライアント

 画面右上に、ログインユーザー情報とログインクライアント情報、権限(ROle)の情報が表示されています。

 クリックすると職責(Role)の情報を確認する事ができます。

職責情報ポップアップウィンドウ
職責情報ポップアップウィンドウ

FeedBack

 Feedbackをクリックすると、新規リクエスト依頼もしくはサポート依頼メールを作成する事ができます。

◆新規リクエスト作成

新規リクエスト作成ポップアップウィンドウ
新規リクエスト作成ポップアップウィンドウ

◆サポート依頼メール

サポートメールポップアップウィンドウ
サポートメールポップアップウィンドウ

プレファレンス

プレファレンス

◆Manage Gadgets

Dashboard Gadgets
Dashboard Gadgets

Change Role

 画面右上のChange Roleをクリックすると、職責(Role)選択画面に遷移します。

ログアウト

 画面右上のログアウトをクリックすると、iDempiereをログアウトします。

ガジェット表示領域(画面中央部と左サイド)

 トップ画面のメニュータブの中と左サイトの領域はガジェット表示領域です。iDempiereでは、この領域内にドラッグ&ドロップで自由にガジェットを配置する事ができます。ガジェットは「職責(Role)」と「ユーザー(User)」をキー情報として権限設定する事ができます。

 ここでは、iDempiereの標準で用意されているガジェットについて簡単に紹介します。

お気に入り

 ショートカットとしてお気に入り(Favourites)にメニューを登録しておきくことができます。メニューからドラッグ&ドロップで登録する事ができます。削除する際には、ゴミ箱アイコンにドラッグ&ドロップします。

お気に入りにメニューを追加しているところ
お気に入りにメニューを追加しているところ

Recent Item

Recent Items
Recent Items

 最近処理した伝票(Document)などの情報が表示され、その情報にアクセスする事ができます。

Activities

Activities
Activities

 Activitiesガジェットではログインユーザー宛の”通知”や”リクエスト”、承認が求められている”未処理WF(ワークフロー)アクティビティ”、そしてまだ完成してない伝票へのアクセスボタンが表示されます。

Views

Views
Views

 Viewsガジェットでは、各種情報を検索し確認及びアクセスする事のできる情報検索ウィンドウ(info Window)へアクセスする事ができます。

  • 品目情報
  • 取引先情報
  • 仕訳情報
  • スケジュール情報
  • 注文情報
  • 請求情報
  • 出荷情報
  • 支払情報
  • リソース情報
  • 資産情報

リクエストCalendar

Calendar
Calendar

 リクエスト機能と連動しているカレンダーです。

Performance

Performance
Performance

 Compiere(コンピエール)などでは、ダッシュボードと言われていた機能が1つのガジェットとして提供されています。

 タブクリックするといわゆるドリルダウンができ、グラフを構成している明細データを確認する事ができます。

業務メニュー

業務メニューガジェット
業務メニューガジェット

 画面上部にメニューボタンがありますが、メニューツリーもガジェットとして用意されています。画面右側にサイドメニューとして表示しておくと便利な場合もあります。

ヘルプ表示領域(右サイド)

 トップ画面の右側は、ヘルプ表示領域です。他の画面を開いた際に、その画面や入力する項目(フィールド)のヘルプを表示する事ができます。このヘルプを上手に活用すればマニュアルなどの作成が必要最小限で済みます。

参考サイト

関連するコンテンツ