2014年

10月

01日

【JPIERE-0024】法人マスタと企業グループマスタ

 iDempiereアイデンピエレ)では「得意先(Customer)」も、「仕入先(Vendor)」も「従業員(Employee)」も、「取引先(Business Partner)マスタ」で管理します。この取引先マスタは、必ずしも1法人が1取引先マスタになるとは限りません。

 例えば、得意先が店舗展開している業界で、請求書をその店舗ごとに発行する必要があるケースでは、取引先マスタを店舗ごとに登録する必要があります。

 そこで、JPiereジェイピエール)では、取引先マスタを法人単位でまとめる法人マスタと、さらにその法人を企業グループ単位でグルーピングする事のできる企業グループマスタを追加しました。

OSS ERP

法人マスタ

 JPiereでは、取引先マスタに法人マスタを1つ設定できるようになっています。取引先マスタと法人マスタは、1:Nの関係になります。

 法人マスタのウィンドウは次のようなイメージになります。

法人マスタ
法人マスタ

 法人マスタは複数の取引先マスタを束ねる役割りがありますので、リファレンス(参考情報)として取引先の本部を意味する主管取引先を設定するようにしています。

企業グループマスタ

 法人マスタと企業グループマスタの関係はN:Nです。これは1つの法人は複数の企業グループに属する可能性があるためです。

企業グループマスタタブ

 企業グループマスタタブでは、企業グループを登録します。

企業グループマスタ
企業グループマスタ

 企業グループマスタには、複数の法人マスタが結びつく想定ですので、その中から本社となる法人マスタを主管法人マスタとして登録する事を想定しています。

所属法人タブ

 所属法人タブでは、企業グループに属する法人を登録します。

企業グループマスター所属法人タブ
企業グループマスター所属法人タブ

技術情報

追加テーブル

◆JP_Corporation(法人マスタ)

◆JP_Corporation_Trl(法人マスタの翻訳テーブル)

◆JP_CorporationGroup(企業グループマスタ)

◆JP_CorporationGroup_Trl(企業グループマスタの翻訳テーブル)

◆JP_GroupCorporations(所属法人)

追加カラム

◆C_BPartnerテーブルにJP_Corporation_IDカラムの追加

追加クラス

  • MCorporation.java(X_JP_Corporation.java、I_JP_Corporation.java)
  • MCorporationGroup.java(X_JP_CorporationGroup.java、I_JP_CorporationGroup.java)
  • MGroupCorporations.java(X_JP_GroupCorporations.java、I_JP_GroupCorporations.java)

関連するコンテンツ