2015年

4月

29日

【JPIERE-0091】入金支払伝票と出納帳の整合性チェック

 出納帳の明細と入金伝票もしくは支払伝票は1:1で結びつく仕様になっています。この仕様を担保し、誤入力を無くすためのチェックロジックを実装致しました。

入金伝票と支払伝票のボイド時のチェックロジック

 入金伝票もしくは支払伝票が出納帳明細と結びついており、出納帳記帳済み(IsReconciled)フラグがONになっている場合は、ボイドできないようにチェックロジックを追加しました。

出納帳の完成時のチェックロジック

 出納帳を完成にする際に次のチェックロジックを追加しました。

  • 出納帳明細が結びついている入金もしくは支払伝票の伝票ステータスが完成もしくはクローズであること。(2016年10月29日廃止)
  • 出納帳明細が結びついている入金もしくは支払伝票の伝票ステータスが”ボイド”か"リバース"ではないこと。(2016年10月29日に追加)
  • 出納帳明細の取引金額と、結びついている入金もしくは支払伝票の支払金額が一致していること。

CreateFromのポップアップウィンドウ追加

 出納帳のCreateFromカラムに設定されているiDempiereデフォルトのポップアップウィンドウは、伝票ステータスが"RE"、"VO"のものも表示していたので、"CO"、"CL"のものだけ表示するように修正しました。

カスタマイズ箇所

入金伝票と支払伝票のボイド時のチェックロジック

  • JPierePaymentModelValidator.java

出納帳の完成時のチェックロジック

  • JPiereBankStatementModelValidator.java

CreateFromのポップアップウィンドウ追加

  • JPiereCreateFromStatementUI.java
  • JPiereCreateFromStatement.java
  • JPiereCreateFromBatch.java
  • JPiereCreateFromFactory.java

関連するコンテンツ