2015年

5月

21日

【JPIERE0095】売上請求伝票を指定して入金消込処理

 オープンソースのERP iDempiere(アイデンピエレ)では、いわゆる債権債務の消込管理ができます。ERPですので、当然な機能で、債権の消込み方法も色々な処理方法が提供されています。しかしながら、債権となる売上請求伝票を選択して、入金伝票伝票を作成すると当時に消込処理をするような機能は提供されていませんでした(※債務管理には、仕入請求伝票を選択して支払伝票を作成する機能は提供されています)。

 そこで、JPiere(ジェイピエール)では、債権管理でも、売上請求伝票を選択して、入金伝票を作成すると当時に消込処理をする事ができる機能を追加しました。

OSS ERP Solutions

入金伝票作成消込処理

 入金伝票作成消込処理画面は、フォームで作成しています。

入金伝票作成消込処理画面
入金伝票作成消込処理画面

売上請求伝票検索

 消込処理がされていない売上請求伝票を検索する条件を入力します。

◆組織 *必須検索条件

 消込処理がされていない(未消込みの)売上請求伝票を組織を絞り込んで検索します。*を選択するとすべての組織の未消込みの売上請求伝票が検索対象となります。

◆通貨 *必須検索条件

 売上請求伝票の通貨を指定して未消込みの売上請求伝票を検索します

◆取引先 *必須検索条件

 売上請求伝票の取引先を指定して未消込みの売上請求伝票を検索します。

◆法人マスタ *任意検索条件

 売上請求伝票検索の取引先が法人マスタと結びついている場合に、選択する事ができます。法人マスタに結びつく、複数の取引先の売上請求伝票をまとめて検索する事ができます。この検索条件を活用すると会社単位での債権の消込処理が行いやすくなります。

入金伝票作成情報

◆組織 *必須入力

 作成する入金伝票の組織を入力します。

◆伝票タイプ *必須入力

 作成する入金伝票の伝票タイプを入力します。

◆日付 *必須入力

 作成する入金伝票の日付けを入力します。

◆取引先 *必須入力

 入金してきた取引先を入力します。

◆アカウント *必須入力

 入金処理するアカウントを入力します。

◆通貨 *変更不可

 アカウントに設定されている通貨が自動的に入力されます。変更する事はできません。

◆支払金額 *必須入力

 入金金額を入力します。

請求伝票

 消込する売上請求伝票と仕入請求伝票が一覧表示されます。仕入請求伝票は、金額がマイナスで表示されます。また売上請求伝票でも、債権の減額処理を行う伝票タイプの場合には、金額はマイナスで表示されます。入金伝票を作成すると同時に債権と債務の相殺を行う事もできます。

◆選択

 消込処理する売上請求伝票/仕入請求伝票を選択します。

◆日付

 売上請求伝票/仕入仕入請求伝票の日付を表示します。

◆伝票番号

 売上請求伝票/仕入仕入請求伝票の伝票番号を表示します。

◆換算金額

 売上請求伝票/仕入仕入請求伝票の総合計が表示されます。

◆未消込金額 *入力フィールド

 換算金額の内、まだ入金されていない(消込処理されていない)金額を表示します。

◆割引金額 *入力フィールド

 債権を割引処理する場合に、その金額を入力します。

◆貸倒金額  *入力フィールド

 債権を貸倒処理する場合に、その金額を入力します。

◆適用金額 *入力フィールド

 消込処理する債権金額を入力します。

◆過不足金額

 過入金、一部入金が発生した場合に、その金額が自動計算されます。

◆組織

 売上請求伝票明細を選択しやすいように、組織コード(組織マスタの検索キー)を表示しています。

◆取引先

 売上請求伝票明細を選択しやすいように、取引先コード(取引先マスタの検索キー)を表示しています。

関連するコンテンツ

カスタマイズ情報

クラス

  • jpiere.base.plugin.webui.apps.form.JPARInvoiceAllocation