2016年

11月

02日

【JPIERE-0219】入/出荷伝票の完成に売上/仕入請求伝票を作成する

 伝票タイプの設定で入荷伝票/出荷納品伝票を完成にした時に、仕入請求伝票/売上請求伝票を自動作成する事を出来るようにしました。

 

伝票タイプの設定

 伝票タイプの設定で"完成時に売上仕入請求伝票"を作成するをONにします。

伝票タイプ
伝票タイプ

【補足説明】売上仕入請求伝票が作成されない場合

■売上/仕入請求伝票を作成する際に使用する伝票タイプは、出荷納品伝票/入荷伝票と結びついている受注伝票/発注伝票の伝票タイプに設定されている"請求伝票の伝票タイプ"です。そのため、その設定がされていない場合は売上/仕入請求伝票は作成されません。

■入荷伝票の場合は発注伝票と結びついてない場合は、仕入請求伝票は作成されません。

■受注伝票/発注伝票の伝票タイプのサブ伝票タイプが次の場合は、別途売上請求伝票を作成する仕組みになっていますので、ここの処理では売上請求伝票では作成しません。

  • 請求受発注
  • 前払受発注
  • POS受発注
受注伝票と発注伝票の伝票タイプ設定
受注伝票と発注伝票の伝票タイプ設定

検収基準による売上請求伝票/仕入請求伝票の作成

 "出荷納品伝票"と"入荷伝票"を完成にすると同時に、"売上請求伝票"と"仕入請求伝票"を作成する機能は、みなし検収基準を実現するための機能でもあります。みなし検収基準で売上を計上する場合は、出荷納品伝票で使用する伝票タイプの"検収基準で売上請求伝票を作成する(IsInspectionInvoiceJP)"フラグをONにして下さい。

  みなし検収基準で売上を計上する際に、休日は検収期間とみなさない場合は、同じく出荷納品伝票で使用する伝票タイプの"休日は検品しない(IsHolidayNotInspectionJP)"フラグをONにして下さい。

売上請求伝票を自動作成した出荷納品伝票の取消

 "出荷納品伝票"と"入荷伝票"を完成にすると同時に、"売上請求伝票"と"仕入請求伝票"を作成していた場合、その伝票を取消するといわゆる"赤伝"が作成されるため、その赤伝に対応するマイナスの"売上請求伝票"と"仕入請求伝票"も作成されます。"売上請求伝票"と"仕入請求伝票"は、赤黒の伝票が未決済の状態で残っていますので、あとで決済して消し込んで下さい

前受金/前払金との消込み(2016年11月19日追加機能)

 出荷納品伝票のヘッダーに設定されている"受注伝票"が"入金伝票"と結びついており前受金処理されている場合、"売上請求伝票"を作成した後で"入金伝票"との消込処理も行われます。

 入荷伝票のヘッダーに設定されている"発注伝票"が"支払伝票"と結びついており、前払金処理されている場合、"仕入請求伝票"を作成した後で"支払伝票"との消込処理も行われます。

 

資料

カスタマイズ情報

クラス

  • jpiere.base.plugin.org.adempiere.base.JPiereInOutModelValidator
  • jpiere.base.plugin.org.adempiere.model.MDeliveryDays
  • jpiere.base.plugin.org.adempiere.process.DeliveryDaysInvoiceGenerate

追加カラム

  • C_DocTypeテーブルに、IsCreateInvoiceJP(完成時に売上/仕入請求伝票を完成にする)カラムを追加
  • C_DocTypeテーブルに、IsInspectionInvoiceJP(検収基準で請求伝票を作成する)カラムを追加
  • C_DocTypeテーブルに、IsHolidayNotInspectionJP(休日は検品しない)カラムを追加

関連するコンテンツ