2016年

11月

23日

【JPIERE-0225】発注照合伝票の照合制限

 入荷伝票の明細と発注請求伝票の明細を照合する際に、ベース伝票タイプがMMR-入荷伝票とPOO-発注伝票だけ照合できるように制限しました。同じように、出荷納品伝票を作成する際にもベース伝票タイプがMMS-出荷納品伝票とSOO-受注伝票だけが結びつくように制限しました。

 返品専用の伝票を使う場合でも、同様の制限をかけています。

 

カスタマイズ情報

関連するクラス

  • jpiere.base.plugin.org.adempiere.base.JPiereInOutLineModelValidator
  • jpiere.base.plugin.org.adempiere.base.JPiereMatchPOModelValidator

追加メッセージ

◆JP_MMR_MATCH_POO_ONLY

MMR of Doc Base Type can match POO of Doc Base type only.( ベース伝票タイプがMMR-入荷伝票の場合、ベース伝票タイプがPOO-発注伝票の明細としか照合できません)。

◆JP_MMS_MATCH_SOO_ONLY

MMS of Doc Base Type can match SOO of Doc Base type only.( ベース伝票タイプがMMS-出荷納品伝票の場合、ベース伝票タイプがSOO-受注伝票の明細としか照合できません)。

◆JP_Diff_Signum_QtyOrdered_MovementQty

Different signum between QtyOrdered and MovementQty.(注文数量と移動数量の符号が異なります。)

◆JP_Diff_Signum_RMAQty_MovementQty

Different signum between RMA Qty and MovementQty.(返品数量と移動数量の符号が異なります。)

◆JP_Can_Not_Match_Because_DocType

You can not Match Because of wrong Doc Type.(照合できない伝票タイプの組み合わせです。)

関連するコンテンツ