データのエクスポートとインポート

 Compiere Distributionは、基幹業務システムとして、他のシステムと連携できるように充実したエクスポート機能とインポート機能を提供しています。

オープンソースのERP JPiere

エクスポート

 レポートより下記のファイル形式で各種データを権限があればエクスポートする事ができます。

【補足説明】エクセル(xls)形式のエクスポートについて

 確認した範囲では、xls形式のエクスポートに対応しているのはADempiere(アデンピエレ)とiDempiere(アイデンピエレ)です。Compiere(コンピエール)は対応していません。OpenBravo(オープンブラボ)の対応状況は不明です。

インポート

標準インポート

 品目マスタ/取引先マスタ/勘定科目マスタ/在庫データ/注文データ/請求データ/仕訳データ/支払データなどのデータをインポートする仕組みが予め用意されています。

 iDempiereの標準画面には、インポートアイコンがあり、簡単にデータをインポートする事ができます。

標準画面のツール―バーのインポートアイコンからインポートできるファイルの種類はCSVのみです。
標準画面のツール―バーのインポートアイコンからインポートできるファイルの種類はCSVのみです。
iDempiereトレーニング