困ったときに頼れるサポート体制を構築しておく

 業務アプリケーションの場合、トラブルに迅速に対応できないと業務が滞ってしまい、大きな損失となりかねません。そのようなリスクを可能な限り抑えるために、困った時に頼れるサポート体制を予め構築しておく事も、オープンソースの業務アプリケーションを活用する上では大切な事になります。

 そして出来れば、サポート会社とは導入段階から一緒になって取り組むべきです。そうする事で標準機能の活用法やカスタマイズのノウハウを得る事ができ、不用意なトラブルを回避する事ができます。

 オープンソース業務アプリケーションはライセンス費用等が無料であるため、システム会社に導入を依頼しても、コスト的には商用の業務アプリケーションと比較して安価な場合がほとんどです。

Compiere Distributionの導入を検討されている方はご相談下さい!!

 日本でも、Compiere Distributionの導入・保守サービスを提供している会社が多くなってきましたが、その一方で経験・ノウハウが無いのにも関わらず、いわゆる看板だけ掲げている会社もあるのではないかと思います。

 Compiere Distributionのシステム的な経験やノウハウはもちろん重要ですが、ERPとしてCompiere Distributionを使用する場合は、ERP導入の経験やノウハウも重要になってきます。

 会社の大切なデータを取り扱う業務システムですので、Compiere Distributionの導入を検討されている方は、こちらよりご相談下さい。要件をお聞きして、適切なCompiere Distributionやシステム会社を紹介させて頂きます。

OES広告