開発手法概要

 Compiere Distributionは業務アプリケーションの開発基盤として、コーディングはビジネスロジック部分に集中して行えば良いシステムアーキテクチャになっています。GUIの作成やデータの登録/変更/削除のDB更新処理などビジネスロジックとは直接的には関係のない処理は Compiere Distributionの各種エンジンプログラムがアプリケーション辞書の情報をもとに処理してくれます。 

業務アプリケーションの開発基盤として
業務アプリケーションの開発基盤として

開発言語:Java

  • データベースにOracleを使用している場合、PL/SQLでもレポートプロセスを開発する事ができます。

使用可能データベース(DB):Oracle / PostgreSQL

  • Compiereでは、Oracleの他にPostgres Plus Advanced Server(有料版のPostgreSQL)がサポートされていますが、無料のPostgreSQLはサポートされていません。
  • ADempiere3.7からはMySQLも使用可能になっています。

アプリケーションサーバー:JBoss / Tomcat/Jetty

  • CompiereADempiere(多分OpenBravoも)は、アプリケーションサーバーにJBossを使用しています。
  • iDempiereはアプリケーションサーバーはTomcatのみで軽量化されています。

開発手法概要   - 目次 -

GUI

iDempiereトレーニング