Compiere Distributionの業務機能概要

  Compiere Distributionの業務機能の中心となる機能はDistributionにより違いはありますが、基本的には大きく区分して「購買管理」、「在庫管理」、「販売管理」、「生産管理」「会計管理財務会計管理会計)」、「顧客管理」です。

iDempiereの業務機能概要図
iDempiereの業務機能概要図

「購買管理」、「在庫管理」、「販売管理」、「生産管理]、「会計管理」、「顧客管理」のそれぞれの機能を、卸売業を例に簡単に説明します。

購買管理

 「購買管理」では「発注管理」で仕入先に商品を発注し、「入荷管理」で発注した商品の受入を行い、「仕入請求管理」で仕入先から送られてきた請求書を管理します。「仕入請求管理」で債務が認識され、「支払管理」で債務の支払いが行われ、最終的に「出納帳管理」で預金出納帳に記帳し、実際の口座残高との整合性を保ちます。

 

在庫管理

 「在庫管理」では「棚卸」と「在庫評価」が行え、在庫管理に関係する決算処理が行えるようになっています。そして、倉庫間の「在庫移動」や足りなくなった在庫の「在庫補充」が行えます。販売目的ではなく、社内で消費した在庫は「社内使用在庫」として費用処理する事もできます。商品Aと商品Bを1つの袋につめて商品Cという新たな商品を作成するような、セット商品を作成する機能もあります。

 

販売管理

 「販売管理」では「受注管理」で得意先からの受注を処理し、「出荷納品管理」では倉庫から商品をピックアップし、出荷処理を行い、納品先の検品まで管理する事ができます。「売上請求管理」では、売上を計上するとともに請求書を発行し、債権管理を行います。「入金管理」で債権の消込み行われ、最終的に「出納帳管理」で預金出納帳に記帳し、実際の口座残高との整合性を保ちます。

 

生産管理

 生産管理は、Compiere Distribution毎で取り扱いが大きく異なる機能の1つです。

 

会計管理(財務会計/管理会計)

 「購買管理」、「在庫管理」、「販売管理」の一連の処理の裏では自動で仕訳が起票されており(以下、自動仕訳)、それらの仕訳を集計して「会計管理」で色々な分析軸により集計した管理会計レポートを作成する事ができます。そして、「会計管理」では、一般会計仕訳(GL仕訳≒振替伝票)として、決算整理仕訳などを起票できるようになっており、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表も作成する事ができます。

 

顧客管理(CRM/SFA)

 「顧客管理」の提供する機能の中核となるのが「リクエスト管理」と「取引先管理」です。「リクエスト管理」はCompiere Distributionのすべての機能を包括するようなイメージの機能で、顧客の要求(リクエストやクレーム)をCompiere Distributionのマスタやトランザクションデータと結びつけて管理し、社内で共有する事ができます。得意先からの取り合わせの履歴管理なども行える事から、小規模なコールセンターなどにも活用できます。

 

その他

【補足説明】人事給与管理について

 人事給与管理は、Compiereにはありません。ADempiereにはLibero HRとよばれる人事給与管理があります。iDempiereでは標準機能としては人事給与管理はありませんがADempiereのLibero HRがプラグインとして提供されています。

業務機能概要  - 目次 -