iDempiere(アイデンピエレ)の共通操作

 ここではiDempiere(アイデンピエレ)に共通する操作についてまとめています。

【補足説明】非常によく考えられているiDempiereのWeb-UI

 SAPを筆頭として、ERPはとかくGUIがわかりにくい(使いにくい)という批判がありますが、その中でもiDempiereのWeb-UIは、かなり健闘しているGUIなのではないかと思います。

 iDempiereのGUIの概念を理解し、操作に慣れる必要はありますが、使い慣れればどの画面でも同じ操作を提供できるように汎用的に作られている非常によくできたUIだということがわかって頂けると思います。

 iDempiereは画面を使いやすくする色々な機能があります。iDempiereを導入する際には、それらの機能を熟知して、標準機能として用意されている画面にも少し手を加えてあげる(パラメータ設定によるカスタマイズを施す)と業務担当者にとって格段に使いやすに画面にする事ができます。

 

 さらにプラグインなどの活用で、より使いやすくする事もできます。

参考:JPIERE-14:1レコード複数列のグリッド表示

 iDempiereアイデンピエレ)のログインについて調査及び研究し、その成果をまとめています。

ウィンドウの基本操作

各種情報検索ウィンドウ

View
Views
  • 品目情報
  • 取引先情報
  • 仕訳情報
  • スケジュール情報
  • 注文情報
  • 請求情報
  • 出荷情報
  • 支払情報
  • リソース情報
  • 資産情報

参考サイト

 この共通操作のページで紹介している操作を動画(英語ですが…)で説明してくれています。実際の動作は下の動画で確認して、このページの説明で補足して頂ければと思います。

関連するコンテンツ