Why iDempiere

 ここでは、なぜ私(萩原 秀明)が数あるERPの中でもオープンソースのERP iDempiere(アイデンピエレ)に取り組んでいるのかその理由を紹介しています。

OSS ERP Solutions

システム環境はすべてオープンソースで構築できる

ライセンス料が無料 → コスト削減!!

 iDempiereのシステム環境は、OSやDBなどのミドルウェアを含めてすべてオープンソースで構築する事ができます。そしてiDempiereコミュニティーが使用するオープンソースは基本的にライセンス料がかからないものを使用しています。そのため、システムを使用する上でライセンス料がかからず導入企業にとってはコスト削減になります。

iDempiereのシステム構成
iDempiereのシステム構成

 コスト削減は企業の永遠のテーマだと言えるでしょう!世界がグローバル化されていく中で、日本企業は世界で戦っていくためにさらなるコスト削減が求められます。コストを削減する方法は色々ありますが、システム面ではオープンソースの活用が一般的になっています。

低コスト経営のためのOSSの活用
低コスト経営のためのOSSの活用

 iDempiere自体は無料ですので、導入企業の予算に合わせた導入が可能であり、ライセンス業が無料であるため、使用期間が長くなればなるほど商用の業務アプリケーションと比較した場合、コスト削減効果が大きくなります

世界中で利用されているオープンソースだからグローバルに活用できる!!

 iDempiereは世界中で利用されており、世界中にiDempiereをサポートしている人達がいます。この事は日本企業が海外に進出しようとした場合、心強い味方になるでしょう。iDempiereであれば現地のシステムを現地のシステム会社と協力して構築&保守する事もできます。

 このように私はiDempiereの発展と普及が日本企業がグローバルで戦うための助けとなり、ひいては日本社会の豊かな発展につながればという思いからiDempiereに取り組んでいます。

【補足説明】海外でiDempiereを使いたい方へ

  このコンテンツを読んで頂いている方の中には、実際に海外でiDempiereを活用したいと考えている人も少なからずいっらしゃると思います。そのような場合は、ぜひ株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズにご相談下さい。株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズでは、iDempiereのコミュニティー活動を通し、世界中のiDempiereの開発者とコミュニケーションしていますので、コミュニティーと協力し導入から運用までサポート致します。

開発生産性の高さとシステムの柔軟性

 ERPの機能は一般的にどの企業でも使用できるように汎用的に作られています。そのためERPの導入プロジェクトではその汎用的に作られている機能を、導入企業に合うようにカスタマイズして行きます。

 そのカスタマイズに際し、多くの費用が必要となってしまっては、いくらライセンス料が無料でも、ライセンス料のコスト削減メリットがカスタマイズ費用と相殺されてしまいOSSのERPを導入する意味が薄らいでしまうでしょう。

 iDempiereは、オープンソースのERPとして長い歴史がある一方で、ERPとしては後発の部類に入り、システムアーキテクチャが洗練されています。カスタマイズに要する開発生産性の高さと、システムの柔軟性は他の商用ERPと比較しても優れていると言えるでしょう。

 iDempiereであれば、開発が伴うカスタマイズが必要となっても、他のERPと比較して低コストで開発できるケースが多いのではないかと思います。

 iDempiereは、ERPとして使用するのではなく、業務アプリケーションの開発基盤として使用できるほど開発生産性が高く、柔軟性のあるシステムアーキテクチャになっています。

ERPからEAP(Enterprise Application Platform)へ

 "オープンソースのERP"は、iDempiereの表の顔です。iDempiereには表の顔をを支える"業務アプリケーションの開発基盤"としての裏の顔があります。"業務アプリケーションの開発基盤"として優れているからこそ、その上にERPという複雑な業務管理システムが構築できるのです。

 そしてiDempiereでOSGiによるプラグイン構造に進化した事により、だれでも自由に自分が開発したプラグイン(アプリケーション)を公開し、iDempiere上で動かすことができるようになっています。つまり、業務アプリケーションの開発基盤(フレームワーク)に、実行基盤(プラットフォーム)としての機能が加わり、ERP(Enterprise Resource Planning)からEAP(Enterprise Application Platform)へと進化しているのです。

 このように開発生産性が高く柔軟性のある優れたシステムを実現しているシステムアーキテクチャとその設計思想に私は可能性を強く感じてiDempiereに取り組んでいます。

自分のソリューションが創れる!

 開発生産性が高く柔軟性のあるシステムで、GPLのオープンソースだから、自分のソリューションを創る事ができます。商用アプリケーションによるソリューションは、そのアプリケーションを作った企業もしくは、そのアプリケーションを使った提案をしている企業のものですが、iDempiereを使えば自分自身のソリューションを創る事ができます。

 この事はエンジニアにとっては非常に大きな事ではないでしょうか?これまで会社レベルで作るのが当たり前だと思われていた業務アプリケーションのソリューションが個人レベルでも創造する事ができるのです。

 もちろん企業にとってもパッケージベンダーの意向に縛られる事無く独自のソリューションが創れるというのは魅力でしょう!

【補足説明】日本企業向けERP ソリューションJPiere(ジェイピエール)

  企業の枠に縛られない独自のソリューションとして、iDempiereを日本の商慣習に対応させたディストリビューション(頒布形態)のJPiere(ジェイピエール)を開発し、公開しています。

 ERPを導入したくても既存の商用ERPは高すぎるという企業に、なるべく低コストでERPを使用して頂くためのソリューションです。

 JPiereは株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズをソースコードのメンテナンス企業(メンテナー)とし、多くの企業にご利用頂けるようにオープンに開発しています。

完全コミュニティー運営によるオープンソースのERP

 オープンソースのプロジェクトは数えきれないほどありますが、その中でも有名なオープンソースには、オープンソースとしてコミュニティーは存在するものの、特定の企業がほぼ独占的に開発しソースコードを公開しているようなケースも少なくありません。

 特定の企業が独占的に開発する事は、プロジェクト運営資金の確保やマーケティング的な側面で大きなメリットがあります。しかし一方で、そのオープンソースを支えるコミュニティーの意向を無視するような事を行う場合もあります。過去にCompiereが商業化の方針に舵を切り、コミュニティーから見放されたのは苦い経験です。しかし、残念な事に同じようなケースは他のオープンソースでも散見されます。

 はじめはオープンソースとして支持を集め、ある程度有名になった段階で、有料版と無料版とで機能を分けたり、ライセンス料を値上げしたりする事はよく行われている事なのです。

 iDempiereは、完全なコミュニティー主導で運営されており、何より"Free"である事に高い誇りを持っているプロジェクトです。この"Free"には"無料"という意味もありますが、それより"自由"という意味の方がiDempiereプロジェクトにとっては重要です。Compiereの苦い経験を踏まえて、iDempiereプロジェクトは特定の企業に縛られない自由を誇りとして運営されています。特定の企業が関与しない事でマーケティング活動などマイナスな面もありますが、特定の企業に振り回されず安心して使えるメリットがあります。

オープンだからこその安心感

 iDempiereのプロジェクトが"自由"であるために、iDempiereプロジェクトでは透明性を大切にしており、プロジェクト運営の情報は公開され、だれでも参加する事ができるようになっています。既知の不具合はJIRAで公開&管理されています。

 商用アプリケーションや特定の企業が独占的に開発しているオープンソースは閉じた環境で意思決定されてしまう事も多いと思いますが、iDempiereプロジェクトではそのような閉じた環境での意思決定は適切ではないと考えています。

 オープンソースに少なからず不安を持っている方はいるとは思いますが、iDempiereの場合はオープンになっているからこそ安心だと思って頂きたいなと思います。

世界中の仲間と共同作業

 世界中の仲間が、ひとつの目標に向けて一緒に取り組み、協力し、認め合い、親交を深めていけるのはオープンソースの魅力のひとつだと思います。国や企業、言葉の壁を超えて、こんな事ができるのはオープンソースならではでしょう! コミュニティーベースのiDempiereだからこそ仲間としてのつながりはより強固なものになります。

 日本にいながらグローバルに活躍する機会があり、世界中の仲間とひとつの目標に取り組み親交を深め、世の中に影響を与えていけるというのは、私にとって”プライスレス”な喜びです。

iDempiereワールドワークショップ2015の様子
iDempiereワールドワークショップ2015の様子

開発言語がJavaである

 システムを使用する企業側から考えると、そのシステムの開発言語がなんであろうと関係ないと思うかもしれません。しかし、開発する側から考えると技術者の確保という面では、非常に重要です。そして、実は使用する企業側にしても、ベンダロックインを避けるためにも重要なのです。その点でJavaの技術者は非常に多く、企業がiDempiereを選ぶ理由の1つになるだろうと思います。

 Javaはオラクルを筆頭に多くの企業から支持されており、開発言語として安心して利用する事ができます。

 ソフトウェア・エンジニアにとっても、Javaは習得しておいて損のない言語だと思います。そしてiDempiereはJavaで書かれている業務システムとしてはとても大きな部類になり、業務システムとして必要とされる多くの機能が既に実装されているため、そのソースコードを読み、理解する事でソフトウェア・エンジニアとしてスキルアップする事ができます。

世界が認めたオープンソースのERP

 自分たちが取り組んでいる事を誰かに認めてもらえるという事はとてもうれしい事です。

Bossie AwardsのApplication部門に選出

 Bossie AwardsはCompiereOpenBravoも過去に受賞しています。この事はCompiere Distributionの根幹となっているシステムアーキテクチャが優れている証拠とも言えるでしょう!

 Bossie Awardsに選出されたかどうかは、私がiDempiereに取り組む直接的な理由ではありませんが、数あるオープンソースの中で、このように世界中で注目されているソフトウェアに携われるというのは喜びであり励みでもあります。

関連するコンテンツ