レポート及び帳票関係のカスタマイズ

 ここではオープンソースのERP iDempiere(アイデンピエレ)の日本商慣習対応ディストリビューションである、JPiere(ジェイピーエール)に施されているレポート及び帳票関係ののカスタマイズについて紹介しています。

レポートの管理区分

 JPiereはレポートを次のように区分して管理しています。

一覧レポート

 一覧レポートは、文字通りデータを一覧表示するレポートで、データを確認するための管理帳票です。iDempiereに備わっているレポート開発機能で、多くはパラメータ設定だけで開発する事ができます。JPiereでは、この一覧レポートをさらにその用途に毎に3つに区分して管理しています。

◆チェックリスト

 業務の状況を確認&把握するためのレポートはJPiereでは”チェックリスト”としています。業務担当者が、チェックリストで状況を確認し、業務を滞りなく遂行できるようにするためのツールとして活用する事を想定しています。

◆一覧レポート/詳細レポート

 “一覧レポート/詳細レポート”は、単純にデータを一覧表示させるレポートです。

◆合計レポート

 “合計レポート”は、データを何らかの基準で合計して表示させるレポートです。

定型レポート

 定型レポートは、納品書や請求書などのように、得意先などに送付するために、ザイン性が必要となるレポートです。 iDempiereに備わっているレポート開発機能で、多くはパラメータ設定だけで開発する事ができます。

会計レポート

 iDempiereの”会計レポート”の機能を活用した開発したレポートです。”会計レポート”では、レポーティング対象となるデータが”会計の仕訳データ”に限られるという制約がありますが、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表や、クロス集計が必要となる管理会計レポートを簡単に作成する事ができます。

ジャスパーレポート

 iDempiereはオープンソースのBIソフト”ジャスパーレポート”のレポート編集ツール”JasperSoft Staudio”で作成したレポートを表示する事ができます。

JPiereのレポート及び帳票に関するカスタマイズ一覧

関連するコンテンツ