【JPIERE-0303】入金データインポートプロセス(デフォルト)

入金データインポートプロセス(デフォルト)は、JPiereとして用意している全銀協フォーマットのデータを取り込む事を想定した入金データインポートプロセスです。

入金データインポート
入金データインポート

【カスタマイズポイント】

 入金データインポートプロセス(デフォルト)は、入金データインポートスキーマに該当クラスの設定がない場合に呼び出されるプロセスです。この処理が業務に適応しない場合は、入金データインポートスキーマに独自のプロセスクラスを設定する事で、処理を自由にカスタマイズする事ができます。

インポートデータと対応カラム

1.ヘッダレコード(総桁数120桁、文字は全て半角、以下各レコード共通)

ヘッダレコードは、JP_BankDataテーブルに格納されます。

項番 項目名 属性 桁数 備考 対応カラム 
1 データ区分 数字 1 1:ヘッダレコード JP_BankDataType_Header
2 種別コード 数字 2

21:総合

11or71:賞与

12:72:給与

JP_BankDataClassification
3 コード区分 数字 1 0:JIS JP_BankDataCodeType
4 依頼人コード 数字 10 金融機関から指定される

JP_RequesterCode

5 依頼人名 カナ 40  

JP_RequesterName

6 振込指定日 数字 4 月日(MMDD)の4桁

PayDate

※"年"は、記帳日付と同じ年として処理。

7 仕向金融機関番号 数字 4  

RoutingNo

8 仕向金融機関名 カナ 15  

JP_BankName_kana

9 仕向支店番号 数字  

JP_BranchCode

10 仕向支店名 カナ 15  

JP_BranchName_Kana

11 預金種目(依頼人) 数字 1

1:普通

2:当座

4:貯蓄

JP_BankAccountType

12 口座番号(依頼人) 数字 7 7桁 

AccountNo

13 ダミー(未使用) カナ 17  スペース  

2.データレコード

データレコードは、JP_BankDataLineテーブルに格納されます。

項番 項目名 属性 桁数 備考 対応カラム 
1 データ区分 数字 1 2:データレコード JP_BankDataType_Line
2

被仕向金融機関番号

(振込先金融機関コード)

数字 4

 

RoutingNo

3

被仕向金融機関名

(振込先金融機関名称)

カナ 15 左詰、スペース埋め

JP_BankName_kana

4

被仕向支店番号

(振込先支店コード)

数字 3  

JP_BranchCode

5

被仕向支名

(振込先支店名称)

カナ 15 左詰、スペース埋め

JP_BranchName_Kana

6 手形交換所番号 数字 4 省略可(スペース) JP_ClearingHouse
7 預金種目 数字 1 1:普通

2:当座

4:貯蓄

 

JP_BankAccountType
8

口座番号

(振込先の口座番号)

数字 7 右詰、ZERO埋め

AccountNo

9 受取人名 カナ 30  

JP_A_Name_Kana

10 振込金額 数字 10 右詰、ZERO埋め StmtAmt
11 新規コード 数字 1

省略可(スペース)

JP_BankDataNewCode
12 顧客コード1 カナ 10 省略可(スペース) JP_BankDataCustomerCode1
13 顧客コード2 カナ 10 省略可(スペース) JP_BankDataCustomerCode2
14 ダミー 数字 9 スぺース  

3.トレーラーレコード

トレーラーレコードは、JP_BankDataテーブルに格納されます。

項番 項目名 属性 桁数 備考 対応カラム
1 データ区分 数字 1 8:トレーラレコード JP_BankDataType_Footer
2

合計件数

数字 6

データレコードの合計。右詰、ZRO埋め

NumLines
3

合計金額

数字 12 データレコードの合計。右詰、ZRO埋め TotalAmt
4

ダミー

数字 101 スペース  

カスタマイズ情報

追加クラス

◆jpiere.base.plugin.org.adempiere.process.DefaultBankDataImport

資料

関連するコンテンツ