【JPIERE-0397】アカウントインポート

銀行の口座などを登録するアカウントマスタのインポートプロセスです。

アカウントとその自動仕訳の設定をインポートする事ができます。

 

アカウントインポートテーブル

- 銀行情報

◆銀行名称[JP_Bank_Name] -> 銀行[C_Bank_ID]

インポート処理において、インポートテーブルの銀行名[JP_Bank_Name]の値と、銀行マスタの名称[Name]の値を照合します。照合できなかった場合はエラーとなります

- アカウント情報

新規にアカウントを登録する際には、アカウントで必須となっている下記のカラムについては、必ずインポートして下さい。そうしないとエラーになります。

  • 名称[Name]
  • 組織[AD_Org_ID]
  • 口座番号[AccountNo]
  • アカウントタイプ[BankAccountType]

◆組織(検索キー)[JP_Org_Value] -> 組織[AD_Org_ID]

インポート処理において、インポートテーブルの組織(検索キー)[JP_Org_Value]の値と、組織マスタの検索キー[Value]の値を照合します。照合できなかった場合はエラーとなります

※アカウントマスタは、"*(AD_Org_ID)"の組織情報は設定を許可していませんので注意して下さい。

◆検索キー[Value] -> アカウント[C_BankAccount_ID]

インポート処理において、インポートテーブルの検索キー[Value]の値と、アカウントマスタの検索キー[Value]の値を照合します。照合できた場合は、更新処理が行われ、照合できなかった場合は新規レコードが作成されます。

- 会計情報

会計情報のフィールドグループは、アカウントの自動仕訳の勘定科目設定をインポートするために使用します。インポートするためには、会計スキーマ(名称)[JP_AcctSchema_Name]が正しく入力されている必要があります。

インポートする勘定科目の各フィールドに、勘定科目の検索キー[Value]の値を入力して下さい。その値をもとに、勘定科目組み合わせを検索し、適切な勘定科目組み合わせがなければ新規作成して、自動仕訳の勘定科目を設定します。

カスタマイズ情報

関連するクラス

◆jpiere.base.plugin.org.adempiere.process.JPiereImportBankAccount

-> アカウントをインポートするクラス

◆jpiere.base.plugin.util.JPiereValidCombinationUtil

->勘定科目組合せを処理するためのユーティリティクラス

更新履歴

2019年6月24日

アカウントの自動仕訳のインポートの処理で、正しく勘定科目が設定されない不具合を修正しました。