【JPIERE-0513】検索ウィンドウでのワークフロー(WF)承認

オープンソースのERP iDempiereには、登録したデータを承認するワークフロー(WF)を構築できるようになっています。その承認をする画面も用意されているのですが、少し使いにく所があるので、同等の機能を検索ウィンドウを使って作成しました。

検索ウィンドウでのワークフロー承認
検索ウィンドウでのワークフロー承認

未処理WFアクティビティ検索ウィンドウの使い方

検索条件

 

検索結果

◆WF区分

WF区分は、ワークフローの対象となったデータを区分します。

◆WFノード

WFノードは、ワークフローの対象となったノードを表示しています。

◆アクション

未処理WFアクティビティーは、"承認"もしくは"否認"、または"確認"する事で処理済みになります。

  • 承認 … アクションが承認になっているレコードは、"承認"もしくは"否認"のいずれかを選択します。
  • 確認 … 対象のレコードを確認する事で処理済みになります。承認もしくは否認とは関係ありません。

◆承認対象となったレコードの情報

承認対象となったレコードの情報は、JP_WF_Activity_Tablesビューをカスタマイズする事で追加できるようにしています。

 

WFアクティビティのプロセス

◆承認 / 否認 / 確認

検索ウィンドウで、選択したレコードを一括で承認もしくは否認、確認する事ができます。

  • 承認 / 否認 ・・・ 承認するか否認するか選択します。アクションが確認のレコードはどちらを選択しても、同様に処理済みになります。
  • コメント ・・・ 何かコメントがあれば入力します。

 

◆承認者の追加 / 転送

  • 転送先ユーザー ・・・承認権限を転送先ユーザーに移譲します。
  • 追加承認ユーザー ・・・ 他のユーザーも承認できるように追加する事ができます。
  • コメント ・・・ 何かコメントがあれば入力します。

 

◆WFの対象データへズーム

WFの対象となっているデータへズームします。このボタンを押す際には、レコードは1つだけ選択して下さい。

未処理WFアクティビティ検索ウィンドウの設定

WFを承認する検索ウィンドウは、WFアクティビティー(AD_WF_Activity)テーブルを中心に、承認対象となったレコードの情報を取得するためのJP_WF_Activity_TablesビューとWFノード(AD_WF_Node)テーブルから成ります。

 

JP_WF_Activity_Tablesビュー

JP_WF_Activity_Tablesビューは、ワークフローでの承認対象となっているレコードの情報を表示するためのビューです。このビューは、ワークフローの設定に応じて、自由にカスタマイズして使用する事を想定しています

JPiereの初期設定では、下記のテーブルに承認ワークフローが設定されている事を想定した設定にしています。

  • 見積伝票
  • 受注伝票
  • 発注伝票
  • 売上請求伝票
  • 仕入請求伝票
  • 取引先マスタ

【カスタマイズポイント】

  • JP_WF_Activity_Tablesビューは上記伝票の主要な情報をUNIONを使って1つのビューにしているだけですので、ワークフローを使用する際には、使用するワークフローのテーブルを追加したり、使用しないワークフローのテーブルは削除するなどして、適切なビューに作り変えて活用して下さい。
  • JP_WF_Activity_Tablesビューは、アプリケーション辞書には登録していません。 

◆WF区分 [WF Type]

WF区分は、ワークフローの対象となったデータを区分するためのものですので、JP_WF_Activity_Tablesビューにテーブルを追加する際には、WF区分も追加して下さい。

※JP_WF_Typeのリファレンスも編集して下さい。

 

アクション [Action]

アクション[Action]は、検索ウィンドウで定義されているカラムです。このアクションの種類によって、WFアクティビティを"承認/否認"するのか、もしくは"確認"するのか処理が変わります。

カスタマイズ情報

追加クラス

  • jpiere.base.plugin.org.adempiere.process.WFActivityForward
  • jpiere.base.plugin.org.adempiere.process.WFActivityApproval
  • jpiere.base.plugin.webui.apps.form.WFActivityZoom

追加ビュー

  • JP_WF_Activity_Tables

【補足情報】JPIERE-0513.zipのパックイン

JPIERE-0513.zipのパックインの前に、必ずJP_WF_Activity_Tablesのビューを作成して下さい。