【JPIERE-0536】自動仕訳設定が無い場合の計上伝票の仕訳方針

契約管理の契約会計情報マスタで、計上伝票を使用する設定になっている場合に、自動仕訳の記帳を選択できるようにしました。

契約会計情報マスタ
契約会計情報マスタ

仕入計上伝票の仕訳の制御

契約会計情報マスタの、「基点となる伝票」が"POO-発注伝票"で、かつ「契約会計情報を使用する」フラグがONで、「計上伝票を使用する」フラグがONの場合に、「自動仕訳設定が無い場合の計上伝票の仕訳方針」フィールドが表示され、下記の選択ができます。

  • 自動仕訳設定が無い場合は、仕訳は記帳しない
  • 自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する(税金は記帳しない)
  • 自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する
仕入計上伝票の仕訳の制御
仕入計上伝票の仕訳の制御

自動仕訳設定が無い場合は、仕訳は記帳しない:NN

自動仕訳の設定が無い場合には、仕入計上伝票では仕訳を記帳しない設定です。

自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する(税金は記帳しない):DN

自動仕訳の設定が無い場合には、デフォルトの科目を使用して仕訳が記帳される設定です。しかしながら税金情報に関連する仕訳は、税金情報マスタの自動仕訳の設定が無い場合には記帳されません。

自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する:DD

自動仕訳の設定が無い場合には、デフォルトの科目を使用して仕訳が記帳される設定です。

【ポイント】

仕入計上伝票において、自動仕訳設定が無い場合の仕訳の記帳方針を選択できるようにしているのは、1つの契約内容の明細に、費用の認識を仕入請求伝票で行いたい明細と、仕入計上伝票で行いたい明細が混在した場合などに、仕入計上伝票で記帳する仕訳を、ユーザー企業において、より適切なものを選択できるようにするためです。

例えば、契約会計情報に設定の無い品目カテゴリの品目マスタ(品目タイプはサービス)を使用し、"自動仕訳設定が無い場合は、デフォルトの科目を使用する"を選択した場合に、自動仕訳の設定がされていて費用の見越し繰延べを行っている仕訳の中に、次のような仕訳が記帳されます。

自動仕訳設定が無い場合は、デフォルトの科目を使用するの仕訳イメージ

(借方)費用科目(P_Expense_Acct)

 仮払消費税(T_Credit_Acct)

/ (貸方)費用科目(P_Expense_Acct)

仮払消費税(T_Credit_Acct)

自動仕訳の設定が無いと上記のように借方と貸方で同じ勘定科目を使用して仕訳が起票されるので、仕訳としてはあまり意味がありません。上記のような仕訳が不要な場合は、"自動仕訳設定が無い場合は、仕訳は記帳しない"を選択すると、上記のような仕訳は記帳されません。

消費税関係の仕訳は不要で、費用科目の仕訳だけは記帳したい場合は、"自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する(税金は記帳しない)"を選択して下さい。

1つの伝票に見越し繰延を行う明細と、行わない明細が混在している場合の注意

1つの伝票の明細に、見越し繰延を行う明細と、行わない明細が混在している場合で、税金(消費税)についてもそれぞれに合わせて計上したい場合、同じ10%の税率だったとしても、税金情報マスタはそれぞれ異なる税金情報マスタを使用する必要がある事に注意して下さい。同じ税金情報マスタを使用してしまうと、見越し繰延べを行う明細の税金と、行わない税金が混在してしまい、税金の正しい見越し繰延処理が行えません。

売上計上伝票の仕訳の制御

契約会計情報マスタの、「基点となる伝票」が"SOO-受注伝票"で、かつ「契約会計情報を使用する」フラグがONで、「計上伝票を使用する」フラグがONの場合に、「自動仕訳設定が無い場合の計上伝票の仕訳方針」フィールドが表示され、下記の選択ができます。

  • 自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する(税金は記帳しない)
売上計上伝票の仕訳の制御
売上計上伝票の仕訳の制御

自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する(税金は記帳しない):DN

自動仕訳の設定が無い場合には、デフォルトの科目を使用して仕訳が記帳される設定です。しかしながら税金情報に関連する仕訳は、税金情報マスタの自動仕訳の設定が無い場合には記帳されません。

【補足説明】

売上計上伝票では、JPiereの標準機能としては"自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する(税金は記帳しない)"しか選択できないようにしています。これは、請求書を発行する機能として、まとめ請求書があるので、売上請求伝票と売上計上伝票は、見越し繰延べが必要な明細と必要の無い明細に分けて作成する事ができるためです。1つの伝票の明細の中で、見越し繰延が必要な明細と必要の無い明細の混在を意識的に分ける事ができるので"自動仕訳設定が無い場合は、デフォルト科目を使用する(税金は記帳しない)"しか選択できないようにしています。

カスタマイズ情報

追加カラム

  • JP_Contract_AcctテーブルにJP_Recognition_JournalPolicyカラムを追加。

関連するカスタマイズ