2012年

8月

05日

【ADempiere Lab】AWS-EC2にADempiereをインストールする

Amazon Web Service(AWS) の EC2(Elastic Compute Cloud)上に、Ubuntuサーバーを構築しADempiereアデンピエレ)をインストールし動かすまでを紹介します。

サーバーの準備

AWSのアカウント作成

まずはAWSのアカウントを作成します。AWSのアカウントを作成するためにはクレジットカード情報が必要になります。詳しくはAWSのサイトを参考にして手続きして下さい。

Ubuntuサーバーのインスタンスを作成する

クライアントの準備

PuTTY(パティ)のインストール

PuTTY(パティ)はUbuntuサーバーを遠隔操作するために使用するツールです。

PuTTY ごった煮版をダウンロードしインストールします。

PuTTYのインストール自体は非常に簡単で迷うことは無いと思いますが、秘密キーの設定に少しくせがあるので書いておきます。Puttyをインストールすると、PuTTYgen(PuTTY鍵生成)というアプリケーションもインストールされます。それを使用してAWSで生成された○○○.pemファイルを△△△.ppkファイルに変換する必要があります。

WinSCPのインストール

WinSCPは、Ubuntuサーバーにファイルを転送するために使用するツールです。

VNC Viewerのインストール

VNC ViewewはUbuntuサーバーをリモートデスクトップの機能を使用して操作するためのツールです。

Ubuntuサーバーにデスクトップ環境を構築する。

UbuntuサーバーにはGUIは用意されていません。

ADempiereのインストールはGUIを使用するのでデスクトップ環境を構築する必要があります。

ですので、まずはUbuntuサーバーにデスクトップ環境を構築します。

# apt-get update
# apt-get -y install ubuntu-desktop

参考