2013年

7月

26日

【Pentaho Lab】Strings Cut(文字列カット)の使い方

 Pentaho(ペンタホ)のETLツール、Kettle(ケトル)のPan(パン)には、Strings Cut(文字列カット)というトランスフォーメーションのステップがあります。本日、使い方を理解できたので、ここに記録しておきたいと思います。

 

Strings Cut(文字列カット)の使い方

 Strings Cut(文字列カット)のステップでは、文字列の先頭の文字を0として、切り取る初めの番号と終わりの番号を指定して、文字を切り取る事ができます。終わりの番号は切り取る文字には含まれないので注意が必要です。

 例えば、次のようなアルファベットのデータがあったとします。

 String Cut(文字列カット)を次のように設定します。

Strings Cut
Strings Cut

 次のような結果になります。