2013年

8月

23日

【iDempiere Lab】ディスプレイロジック(Display Logic)の書き方

このページは現在、調査&研究中です。

 Compiere Distributionでは、画面の入力フィールドを条件によって表示させたり非表示にしたりする事ができます。ここでは、その条件のロジックの書き方について調査&研究したいと思います。

タブのディスプレイロジック

タブのディスプレイロジック
タブのディスプレイロジック

タブのディスプレイロジックの例

ウィンドウ タブ ディスプレイロジック

Table and Column

Table Index

@IsView@!'Y

Index olumn

View Component

View Column

Document Sequence

(番号シーケンス)

Sequence No

(採番管理)

@StartNewYear@='Y' | @IsOrgLevelSequence@=Y

Country Region and City

Region

@HasRegion@='Y'

フィールドのディスプレイロジック

Display Logic
Display Logic

レポート&プロセスの実行パラメータのディスプレイロジック

取引情報ウィンドウのディスプレイロジック

ツールバーのディスプレイロジック

ディスプレイロジックの書き方

format := {expression} [{logic} {expression}]
expression := @{context}@{operand}{value} or @{context}@{operand}{value}
logic := {|}|{&}
context := any global or window context
value := strings or numbers
logic operators := AND or OR with the previous result from left to right
operand := eq{=}, gt{>}, le{<}, not{~^!}
Examples:
@AD_Table_ID@=14 | @Language@!GERGER
@PriceLimit@>10 | @PriceList@>@PriceActual@
@Name@>J
Strings may be in single quotes (optional)

1113は特別な番号

 1113はinfo Windowようの特別な番号(予約番号)のようです。

参考サイト