2015年

4月

26日

【iDempiere Lab】一覧表示で選択レコードを編集可能状態にする設定

 Compiere Distribuitonは単表表示と一覧表示(グリッド表示)を切り替えて使用するアプリケーションです。一覧表示では、エクセルみたいな表形式でデータを編集する事ができます。その際に、選択したレコードをすぐに編集可能な状態にする設定がありますので、ここで紹介したいと思います。

【システムコンフィグ設定】ZK_GRID_EDIT_MODELESS = Y

システムコンフィグ設定
システムコンフィグ設定

 システムコンフィグ設定の「ZK_GRID_EDIT_MODELESS」の値を"Y"にする事で、一覧表示の時に選択したレコードがすぐに編集可能状態になりますので、一覧表示状態での編集をよりスムーズに行う事ができます。

ZK_GRID_EDIT_MODELESSをYにする事で、一覧表示での編集をスムーズに行う事ができます。
ZK_GRID_EDIT_MODELESSをYにする事で、一覧表示での編集をスムーズに行う事ができます。

 デフォルトではシステムコンフィグ設定の「ZK_GRID_EDIT_MODELESS」の値は"N"になっており、一覧表示の時に選択したレコードを編集可能状態にするのに、ワンクリックする必要があります。

 JPiereではZK_GRID_EDIT_MODELESS」の初期設定は'Y'にしようと思います。

関連するコンテンツ