2015年

6月

03日

【iDempiere lab】印刷書式の編集をユーザーに開放したくない場合

 印刷書式(Print Format)は、レポートのレイアウト(データの並び順や合計行の定義)を設定できるので、非常に便利です。1つのレポートに対して複数の印刷書式を割り当てる事ができますので、1つのレポートを色々な用途に使いまわす事もできます。

印刷書式の選択リストボックス
印刷書式の選択リストボックス

 印刷書式の選択リストボックスにある"**新規レポート**"を選択すると、ユーザーが印刷書式を作成する事もできますので、ITスキルが高いユーザーにとってはiDempiere(アイデンピエレ)を活用するうえで、欠かせない機能かもしれません。

 しかしながら、あまりITスキルが高くないユーザーがよくわからない状態で勝手に変なレイアウトの印刷書式を作成されても困ります。そこで、iDempiereのフォーラムに、印刷書式の作成・更新を制限する方法が紹介されていましたので、試してみたいと思います。

 ここには、印刷書式を作成もしくは更新させたくないユーザーの職責(Role)で、印刷書式のウィンドウへのアクセスを制限するように、カルロスさんがアドバイスしています。

職責のウィンドウアクセスで印刷書式ウィンドウへのアクセスを制限する
職責のウィンドウアクセスで印刷書式ウィンドウへのアクセスを制限する

 職責ウィンドウのウィンドウアクセスタブで、印刷書式ウィドウにアクセスできないように、読み書き可能フラグとアクティブフラグをOFFにします。

印刷書式の選択リストボックス
印刷書式の選択リストボックス

 ログインしなおすと、印刷書式の選択リストボックスに"**新規レポート**"のメニューが表示されなくなっており、新たに印刷書式を作成する事ができなくなっています。

OSS ERP JPiere