2016年

3月

21日

【iDempiere標準業務機能】原価調整伝票(Cost Adjustment)

 原価調整伝票を使用する事により、品目の原価を調整する事ができます。iDempiereでは標準原価以外の棚卸資産の評価方法を選択すると、iDempiereが自動で計算してくれます。しかし、在庫の評価金額が著しく下落した場合、強制的に在庫の評価金額の切り下げを求められる場合があります。そのような場合に、原価調整伝票を使用して原価(≒棚卸資産の評価金額)を更新する事ができます。  この方法は、会計処理的な観点からは、永続的に評価減する”切放法”的な処理です。洗替法が求められる場合は、棚卸資産の評価損の計上については、振替仕訳で対応する事をおススメ致します。

原価調整伝票

原価調整伝票タブ

原価調整伝票タブ
原価調整伝票タブ

原価調整伝票明細タブ

原価調整伝票明細タブ
原価調整伝票明細タブ