JPiereサポーター特典:ピボットウィンドウについて

 ピボットウィンドウは、iDempiereのWeb-UIの開発フレームワークであるZKの商用ライセンスのコンポーネントを使用して開発しています。株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションでは、商用ライセンスを購入し、JPiereのサポーター会員の皆様には無料で利用して頂けるようにしています。

 JPiereサポーターの皆様はここにZKの商用ライセンスのポイントを記載しますので、遵守してピボットウィンドウをご利用下さい。

ピボットウィンドウは、JPiereサポーターの皆様は無料で使用する事ができます。JPiereサポーター会員の退会後も使用する事ができます。

 ピボットウィンドウは、株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズが、ZKの開発元であるPOTIX社より商用ライセンスを購入し、開発しています。この事により株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズは、ピボットウィンドウの開発(Develop)、保守(maintain)、頒布(Distribution)の権利を有しています。

 

JPiereサポーターの皆様はピボットウィンドウを無料で使用する事ができますが、開発、保守、頒布する事はできません。

 POTIX社のライセンス条項では、ライセンス購入者以外の、開発、保守、配布を認めていません。JPiereサポーターの皆様には、株式会社株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズが、開発・保守・頒布しますので、無料で使用する事ができます。

 

SIerのJPiereサポーターの皆様には、1社目のユーザー企業までは無料でピボットウィンドウを頒布します。2社目以降は、JPiere追加サポーター会費をお支払い頂く事で、無料で頒布します。

 SIerのJPiereサポーターの皆様には、皆様の分と1社目のユーザー分の2つのピボットウィンドウのインストールパッケージを頒布します。2社目以降は、JPiere追加サポーター会費をお支払い頂く事で、無料で頒布します。ZKの商用ライセンスでは、ユーザーに頒布する権利は認めていませんので、最初にお渡しするインストールパッケージを2社目以降のユーザー企業に流用してインストールする事はライセンス違反になります。

 

ピボットウィンドウのご利用にあたり、ご質問がありましたら、お問合せ下さい。

ピボットウィンドウの頒布について

JPiereサポーターの皆様には、ピボットウィンドウを無料で頒布します。頒布は次のように行います。

ピボットウィンドウは、JPiereのプラグインとして頒布します。iDempiereに付属しているFelix Consoleよりインストールしてご利用下さい。

 ピボットウィンドウのプラグインを頒布する際に、同時にピボットウィンドウのソースコードもGPL ver2の規定に従い頒布します。しかし、そのソースコードには、ZKの商用ライセンスの規定により、ZK Pivottableのコンポーネントは含まれていません。ピボットウィンドウをカスタマイズしたり、独自にメンテナンスを行う場合には、ZKの商用ライセンスを購入する必要があります。

 

ZKの商用ライセンスの購入について

 JPiereサポーターの皆様は、ピボットウィンドウを使用するだけであれば、無料で使用する事ができます。不具合などが発見された際には、株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズでメンテナンスを行い再度頒布します。

 しかしながら、SIerの皆様の中には、独自にメンテナンスできる体制を整えたい場合があるでしょう。そのような場合、ZKの商用ライセンスが必要となります。ZKの商用ライセンスはZKを開発しているPotix社より購入する事ができます。しかしPotix社は台湾の企業であり、支払等の事務手続きが思いのほか面倒です。そこで、株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズでは、Potix社の代理店として、ライセンスを代理販売する事もできます。

開発者一人につき899ドル/年のライセンス料。

ZKの商用ライセンスの価格体系は、下記に公表されています。

PROFESSIONALと区分されているプランは、開発者単位のライセンスであり、開発者1名につき年間899ドル(1ドル110円換算で約10万円/年)のライセンス料が必要です。

ZKの商用ライセンスの購入を検討している方はお問合せ下さい。

ピボットウィンドウのインストール

JPiereサポーターの皆様は、ピボットウィンドウを無料で使用する事ができます。使用の際には次のようにインストールしてご使用下さい。

作成中