2014年

11月

24日

【iDempiere Lab】Ver2.1の新機能:簡単なクライアントの初期設定

 先日、オープンソースのERP iDempiere(アイデンピエレ)が2.1にバージョンアップされ、クライアントの初期設定が少し簡素化されました。

改善内容

 クライアントとは、iDempiereの中で一番大きな枠組みです。クライアントは、いくつでも作成することができますが、Compiereコンピエール)からADempiereアデンピエレ)、そしてiDempiere2.0までは、そのクライアントを作成する際に、勘定科目の一覧表が必要でした(正確には自動仕訳の初期設定に使用する勘定科目の一覧表が必要でした)。

 しかしながら、iDempiereで会計機能を使わない場合は、必要性の少ない設定ではありますし、iDempiereの初心者の方にとっては、ちょっとしたハードルにもなっていたと思います。

 そこで、iDempiere2.1からは、勘定科目の一覧表がなくともクライアントの初期設定が行えるようになりました。

Initial Client Setup Process

 Initial Client Setup Processに"Use Default CoA"というフラグが追加された事により、勘定科目一覧表(Chart of Account:CoA)を用意しなくても、クライアントの初期設定が行えるようになりました。

Initial Client Setup Process
Initial Client Setup Process

クライアントの初期設定

 勘定科目エレメントには、自動仕訳に使用される勘定科目だけが登録されています。

勘定科目エレメント
勘定科目エレメント

 会計スキーマの自動仕訳の設定がされているのが確認できます。

会計スキーマ
会計スキーマ

参考サイト

関連するコンテンツ