2014年

11月

30日

【iDempiere Lab】iDempiere ServerのShutdown(停止)の方法

 数あるCompiere Distributionの中でも、Compiereコンピエール)やADempiereアデンピエレ)など、アプリケーションサーバーにJBOSSを使用しているCompiere Distributionは、そのサーバーの起動及びシャットダウン(停止)する場合にはスクリプトが用意されていて、それを実行すれば良いだけでした。

 しかし、iDempiereアイデンピエレ)の場合は、サーバー起動のスクリプトは用意されているのですが、シャットダウンのスクリプトは用意されていません。

 サーバーのシャットダウンのスクリプトは、JBOSS用に書かれていたので、アプリケーションサーバーがJBOSSからTOMCATに移行する際に、使用できなくなったため破棄されたのではないかと思います。

 それでは、代わりにTOMCATをシャットダウンさせるようなスクリプトを書けばいよのかというと、そういうわけでなさそうです。なぜなら、iDempiereはOSGiの上に成り立っているアプリケーションであり、TOMCATもOSGiの上で動いているプラグインの1つだからです。TOMCATを止めれば、TOMCAT上で動いているiDempiereのプラグイン群は動かなくなる(動けなくなる)と思いますが、それは1つのプラグインを止めているに過ぎず、OSGiは動いている状態を維持してしまいます。

iDempiere2.1のシステム構成
iDempiere2.1のシステム構成

結論的には、iDempiereのサーバーを停止させる="OSGi"を停止させるという事です。

次に、OSGiを停止する手順を記載しておきます。

オープンソース(OSS) ERP Slutions

iDempiere ServerのShutdownの方法

  これから説明するiDempiereサーバーのShutdown(停止)の方法は、Linux系のOS上にiDempiereサーバーを構築している事を前提にしています。※試したのはUbuntu14.04LTSです。

 iDempiereのサーバーをShutdown(停止)する際には、SSHでサーバーに接続し、次のようにコマンド入力して下さい。

$ telnet

telnet > open localhost 12612

osgi > close

参考サイト