2014年

12月

27日

【JPIERE-0047】入金伝票(標準入力)画面

 iDempiereの初期状態では、入金も支払も同じウィンドウで処理するようになっていますが、JPiereでは、入金処理と支払処理は別々の画面にして、それぞれ入金伝票、支払伝票という概念で処理できるようにカスタマイズしています。

入金伝票ウィンドウ

入金伝票タブ

JPiere 入金伝票ウィンドウ 入金伝票タブ
JPiere 入金伝票ウィンドウ 入金伝票タブ

消込処理タブ

JPiere 入金伝票ウィンドウ 消込処理タブ
JPiere 入金伝票ウィンドウ 消込処理タブ

消込伝票明細タブ

JPiere 入金伝票ウィンドウ 消込伝票明細タブ
JPiere 入金伝票ウィンドウ 消込伝票明細タブ

出納帳明細タブ

JPiere 入金伝票ウィンドウ 出納帳明細タブ
JPiere 入金伝票ウィンドウ 出納帳明細タブ

【カスタマイズポイント】導入時にカスタマイズのベース画面として活用する

 iDempiereの標準画面(ウィンドウ)は、簡単に入力項目を追加したり、並べ替えたり、非表示にしたりする事ができまが、簡単にパラメーター設定だけでカスタマイズできるといっても項目数が多かったり、修正が必要な画面数が多くなると、それなりに時間がかかってしまいます。そのため、あらかじめベースとなる画面のレイアウトを作成しておき、導入時のカスタマズ工数を減らす事が、この画面のカスタマイズの目的のひとつです。

 そして、このように予めレイアウトが整っている画面を用意しておくことにより、システムインテグレーション(SI)時には、要件定義などのミーティングの際に、導入企業の担当者の前で実際に画面をカスタマイズしてその場で画面レイアウトを確定する事ができるようになります。実際の画面イメージをプロジェクトの早い段階で共有する事ができるのでスムーズなプロジェクト運営にも貢献します。

関連するコンテンツ