JPiereとは(About JPiere)

 JPiere(ジェイピエール)とは、「オープンソースのERP iDempiereのプラグイン群」であり、「オープンソースのERP iDempiereの日本商習慣対応ディストリビューション(頒布形態)」です。

 JPiereは、iDempiere(アイデンピエレ)を日本の商習慣に対応させるだけでなく、操作を補助するユーティリティーやオリジナルのレポート、バッチ処理などiDempiereを拡張する多くの機能を提供しています。

 JPiereは"Japan"+"iDempiere"であり、"JP"は日本(Japan)を、"iere" は"yell"とかけて"応援"の意味を込めています。

 JPiereはオープンソースであり、その機能のほとんどをGPL V2のもと”無料”で使用する事ができます。

Why JPiere

JPiereはオープンソースで無料です!!

 JPiereのライセンスは、iDempiereと同じGNU General Public License ver2です。JPiereはその機能のほとんどをGPL V2のもと、"無料"で使用する事ができます。

 

導入工数を少なくし、素早く低コストなERPの導入を可能にする!

 一般的にERPは、どの企業でも使えるように機能は汎用的に作られています。そのためERPの導入作業は、その汎用的に作られている機能を、導入企業が使いやすいように特化させていく作業とも言えます。

 どのようなERPを選択しても、機能が汎用的に作られているパッケージシステムである以上は、ERPが提供している機能と企業が必要とする機能には多かれ少なかれGAPがあり、そのGAPを埋めるカスタマイズが必要になります。

 JPiereでは、iDempiereを一般的な日本企業で導入する際にGAPとなる部分を洗い出し、そのGAPを埋めるカスタマイズを実施しています。

 JPiereを利用することで、iDempiereを一般的な日本企業で導入する際に、GAPとなる部分が少なくなり、その分開発工数を削減する事ができ、導入時のコストを抑える事ができます。

Fit&Gapイメージ
Fit&Gapイメージ

 企業がERPを導入する際に初期の段階で、ERPが提供している機能と導入企業が必要とする機能がどのくらい適合しているか分析します(Fit&Gap分析)。導入企業が必要とする機能が、どのくらい適合する(Fit)するかはケースバイケースですが、JPiereは、一般的な日本企業に必要とされる機能を中心に開発していますので、iDempiereを素の状態から導入するより、適合率が高くなり、低コストな導入が可能です。

◆JPiereに追加されている主な業務機能

操作性を向上させる色々なユーザーインターフェース(UI)がある!

 iDempiereのユーザーインターフェースは汎用的にデータを入力するUIとしては、とても良く出来ています(※参考:iDempiere Lab -> 標準業務機能 -> 共通操作)。しかしまだ改善の余地はありますし、目的に特化した画面もあったら便利です。そこで、JPiereでは現在、操作性を向上させるUIとして次の3種類のUIを用意しています。これらのUIはユーザーエクスペリエンス(UX)の向上に大きく貢献する事でしょう!!

フォームウィンドウイメージ
フォームウィンドウイメージ

 マトリクスウィンドウでは1つのデータベーステーブルのデータ入力を、X軸となるカラムとY軸となるカラムを指定する事により、クロス集計のような表形式にして行う事ができます。

マトリクスウィンドウイメージ
マトリクスウィンドウイメージ

 シンプルインプットウィンドウは、1つのデータベーステーブルへのデータ入力をできるだけ簡単(省力的)に行う事を目的に作られたUIです。1つのデータベーステーブルへのデータ入力に特化する事で、より簡単に、より素早くスプレッドシートに似た操作感覚でデータを入力する事ができます。

シンプルインプットウィンドウイメージ
シンプルインプットウィンドウイメージ

あると便利なツールや機能拡張がされている!!

 JPiereは、日本商慣習に対応するだけではなく、iDempiereをより快適に使用するための便利なツールの追加や機能拡張がされています!!

◆主な便利なツールや機能拡張

パラメータ設定の最適化!

 iDempiereにはカスタマイズするための多くのパラメータ設定があります。しかし、このパラメータ設定は初期の段階で最適な設定になっているとは限りません。そのためJPiereでは、最適な設定になるように常にパラメータ設定を見直しています。

◆iDempiereを早く&軽くするためのパラメータ設定

 iDempiereはパラメータ設定を変更する事により、画面の表示速度が向上したり、サーバー側の処理を軽減するパラメータ設定があります。JPiereでは、それらのパラメータ設定を常に見直し、最適化できるように努めています。

◆より操作のしやすいパラメータ設定

 iDempiereには初期のパラメータ設定に少し手を加える事で、操作の手間を省いたり誤入力を防ぐ事ができる所が多く存在します。JPiereでは、それらの箇所を洗い出し、より良い操作ができるようにパラメータ設定を追加したり、見直しを行っています。

◆すぐに使えるレポート類の追加

  iDempiereに予め用意されているレポート(帳票/証票)は、サンプル的な意味合いが強く、実際に導入する際には導入企業の要件に応じて、多くのレポートを作成する必要があります。一方で、一般的にどの企業でも使用するレポートも存在します。JPiereでは一般的にどの企業でも使用するであろうと思われるレポートを洗い出し、予め作成しておくように努めています。

iDempierをバージョンアップする事ができる!

 JPiereはiDempiereのプラグインの仕組みを最大限に活用して開発しており、すべてのカスタマイズをiDempiereのプログラムを修正する事無く施しているので、iDempiereをバージョンアップさせる事ができます。

JPiereのライセンスと管理

GNU General Public License ver2(GPL v2.)

 JPiereのライセンスは、iDempiereと同じGNU General Public License ver2です。JPiereはその機能のほとんどをGPL V2のもと、"無料"で使用する事ができます。

【補足説明】JPiereをよりよく活用し、安心して使い続けて頂くために

  一般的にERPは非常に大きなシステムです。iDempiereも例外ではありません。JPiereをよりよく活用して、安心して使い続けていくためには、それ相当の知識と経験が必要です。そこで、株式会社オープンソース・イーアルピー・ソリューションズでは、JPiereのサポートサービスを提供しています。興味のある方は、遠慮なくお問い合わせ下さい。

JPiereメンテナー企業:株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズ

 JPiereのソースコードのリポジトリは、株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズがメンテナーとなり管理しメンテナンスされ、そのソースコードはすべて公開されています。

 JPiereをよりオープンに、そしてより安心して多くの企業に利用して頂くために、JPiereのサポーターを募集してします。興味のある方はご連絡下さい。

JPiereの構成

 JPiere(ジェイピエール)はiDempiere(アイデンピエレ)をベースとして次の5つに分類し、開発及び管理しています。

  • JPiereコンフィギュレーションズ【JPCP:JPiere Configurations】
  • JPiereフラグメンツ【JPFS:JPiere Fragments】
  • JPiereベースプラグイン【JPBP:JPiere Base Plugin】
  • JPiereプラグインズ【JPPS:JPiere Plugins】
  • JPiereモディフィケーションズ【JPiere Modifications】
JPiereの構成
JPiereの構成

 JPiereコンフィギュレーションズは、iDempiereをパラメータ設定だけでカスタマイズしています。iDempiereは初期設定のまま、すぐに業務に利用できるというものではありません。iDempiereを導入し運用するまでには多くのパラメータを設定する必要があります。

 そこでJPiereコンフィギュレーションズでは、iDempiereの導入工数を削減するために、必要となるレポート(帳票)を予め作成しておいたり、画面に表示する項目のレイアウトを使いやすく並び替えておくなど、パラメータ設定でできるカスタマイズを追求しています。

 

 JPiereフラグメンツは、OSGiのフラグメントの機能を活用して開発したiDempiereのプラグインです。iDempiereのソースコード内に各種リソースを加える必要があるようなカスタマイズはJPiereフラグメンツとして開発しています。

 

 JPiereベースプラグインは、その名の通り、JPiereのベースとなる機能を1つのプラグインとしてまとめて提供しています。日本の商慣習に対応するための機能は基本的にJPiereベースプラグインとして開発しています。

 

 JPiereプラグインズでは、ある程度まとまった機能の単位でひとつのプラグインとして独立して開発及び管理しています。

 JPiereベースプラグインが、日本の商習慣に対応する事を目的とし、管理運用の観点からひとつにまとめているのに対して、JPiereプラグインズは、日本に限定せず汎用的に利用価値のある機能を開発し、世界的に利用して頂く事を目的として区分管理しています。

 

 iDempiereのコアなソースコードに修正を加える必要がある場合は、JPiere モディフィケーションズとして区分して開発及び管理しています。

 JPiere モディフィケーションズは、OSGiのフラグメントの機能を活用し、直接ソースコードを修正するモデイフィケーションは行わず開発していますので、iDempiereのバージョンアップに追随する事ができます。