iDempiere(アイデンピエレ)のシステム開発

テーブル

このコンテンツではアドオンテーブルを追加する際のiDempiereのルールについて調査及び研究し、その成果をまとめています。

モデルクラス

サポーターズコンテンツ + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

Compiere Distributionは全体的な設計思想としてモデル駆動型アーキテクチャ(Model-Driven Architecture、MDA)を採用しています。その中心がこのモデルクラスです。このコンテンツでは、iDempiereでのモデルクラスとはどのようなものか説明し、モデルクラスを実装する際の作法を調査及び研究し、その成果をまとめています。

Model Generator

サポーターズコンテンツ(作成中) + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

モデルジェネレーターを使用するとモデルクラスのうち、XクラスとIクラスを自動で作成する事ができます。ここではモデルジェネレーターの使い方について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

POクラス

サポーターズコンテンツ(作成中) + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

POクラスはPersistent Object(永続化クラス)の略で、主にデータベースにデータを保存する役割を担います。POクラスが、iDempiereのモデル駆動アーキテクチャを支えており、iDempiereにおいてとても重要なクラスです。このコンテンツではそのPOクラスについて調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

モデルバリデーター

サポーターズコンテンツ(作成中) + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

モデルバリデーター(Model Validator)を使用すると、既存のモデルクラスのロジックに修正を加えることなく(Modoficationする事無く)、モデルクラスの機能を拡張する事ができます。このコンテンツではモデルバリデーターの実装方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

コールアウト 

サポーターズコンテンツ(作成中) + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

コールアウトは、ウィンドウでデータ入力フィールドの値が変更になった時に呼び出され、ビジネルロジックを実行する事ができます。このコンテンツでは、コールアウトの実装について調査及び研究し、その成果をまとめています。

レポートとプロセス

公開コンテンツ + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

レポートとプロセスの開発方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

プロセスの開発基礎

サポーターズコンテンツ(作成中) + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

プロセスを開発するための基本的な作法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

レポートエンジンを活用したコーディングを伴うレポート開発

サポーターズコンテンツ(作成中) + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

 コーディングを伴うレポートの開発方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

インデックスを活用したパフォーマンスの良いレポートを開発し簡単に確認する方法

サポーターズコンテンツ

データ量が多くなってくると、レポート表示したいデータの検索にインデックスが効率よく使用されているのとされていないのではパフォーマンスに大きな影響があります。そのためこのコンテンツでは、作成したレポートの表示にインデックスが使用されているかどうか簡単に確認する方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

Jaspersoft Studio(旧iReports)によるレポート開発

iDempiereでは、Jaspersoft Studioで作成したレポート定義を出力する事ができます。Jaspersoftについては別のコンテンツとして調査及び研究しておりますので、下記を参照して下さい。

iReportによるレポート開発Tips

非公開コンテンツ

 

インポートプロセスの開発

サポーターズコンテンツ + トレーニングコンテンツ(AC07:データI/F開発)

他のシステムからデータを取り込む際に、インポートプロセスを開発する場合があります。ここではインポートプロセスの開発について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

レポートとプロセスの開発Tips

非公開コンテンツ

検索ウィンドウ

検索ウィンドウは、iDempiereのデータを検索する事ができるウィンドウで、基本的にはアプリケーション辞書でパラメータ設定だけで作成する事ができます(参照:iDempiere lab->アプリケーション辞書->検索ウィンドウ)。

検索ウィンドウをコーディングという視点から見た場合、検索ウィンドウ自体のコーディングと、検索ウィンドウで使用するプロセスのコーディイングとにわかれます。ここでは、検索ウィンドウに関連するコーディングについて調査及び研究し、その成果をまとめています。

検索ウィンドウで実行するプロセスのコーディング

サポーターズコンテンツ(作成中) + トレーニングコンテンツ(AC02:システム開発基礎)

検索ウィンドウにプロセスを割り当てると、検索ウィンドウで複数選択したデータに対して、ビジネスロジックを実行する事ができます。ここでは、主に検索ウィンドウで選択された値をプロセスで取得する方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

検索ウィンドウ自体のコーディング

サポーターズコンテンツ

このコンテンツでは、検索ウィンドウをカスタマイズし機能を拡張するために方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。 

タックスプロバイダー

サポーターズコンテンツ(作成中)

タックスプロバイダーを使用する事で、既存機能(標準機能)の税金計算ロジックを修正する事無く、独自の税計算ロジックを使用する事ができます。ここではタックスプロバイダーの開発方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

Swing-UIのフォーム

非公開コンテンツ

Web-UIのComponent

ガジェット(ダッシュボード)

公開コンテンツ

このコンテンツでは、オープンソースのERP iDempiere(アイデンピエレ)で、オリジナルのガジェット(ダッシュボード)を作成する方法を調査及び研究し、その成果をまとめています。

特別なカラム

サポーターズコンテンツ

iDempiereには、いくつか特別な処理がされるカラムがあります。システムを開発する上では、そのような特別なカラムについて把握しておく事も大切です。このコンテンツではiDempiereで特別な意味のあるカラムについて調査及び研究し、その成果をまとめています。

システム開発Tips

非公開コンテンツ