iDempiereの開発環境構築

このコンテンツでは、オープンソースのERP iDempiere(アイデンピエレ)の開発環境の構築に関して調査及び研究し、その成果をまとめています。

Eclipseによる開発環境の構築

iDempiereは、Eclipseを使用して開発します。このコンテンツではiDempiereの開発環境の基本的な構築方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

 

デバッグ

このコンテンツではiDempiereのデバッグ方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

 

リモートデバッグ  ※サポーターズコンテンツ

このコンテンツではiDempiereのリモートデバッグの方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

 

開発環境の更新(ソースコードの最新化)

このコンテンツではiDempiereのソースコードを最新に更新する方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

 

ビルド&パッケージ作成

このコンテンツではiDempiereをビルドしてインストールパッケージを作成する方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

 

ローカルマテリアライズ  ※サポーターズコンテンツ

iDempiereの開発環境を構築する際に行うマテリアライズ(marerialize)は、アパッチやEclipseが用意してくれているセントラルリポジトリより、iDempiereが必要とする各種プラグインやjarファイルなどをダウンロードします。

そのためネットワークに接続できない場合はマテリアライズできません。またセントラルリポジトリのサーバーがダウンしている場合にもマテリアライズはできません。

そこでいつでもマテリアライズできるように、iDempiereの開発環境を構築するのに必要となる各種ファイルをすべてローカルに保存しておき、マテリアライズする方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。 

【補足説明】iDempiereのバージョン毎のローカルマテリアライズの補足情報

iDempiereのバージョン毎のローカルマテリアライズの補足情報は下記を参照して下さい。

手動マテリアライズ  ※サポーターズコンテンツ

iDempiereの開発環境を構築する際に、バックミンスターでマテリアライズを実行します。マテリアライズで何をやっているのか多くの開発者は知る必要はありません。しかし、マテリアライズは稀にエラーが表示され、開発環境が構築できない場合があります。そのような場合に、マテリアライズで何を行っているのか知っておけば、エラーに対処する事ができます。

このコンテンツでは、マテリアライズを実行せずに、開発環境を構築する方法を調査及び研究し、その成果をまとめています。

 

 

開発環境構築Tips ※非公開コンテンツ