iDempiere7.1の開発環境の構築

 iDempiere7.1において、ソースコードを管理しているリポジトリが、BitbucketからGitHubに移管されました(※参照:【iDempiere PJ Reports】iDempiereのリポジトリがGitHubに移転)。そのため、このコンテンツでは、GitHubからソースコードを取得する前提で、iDempiere7.1の開発環境の構築について調査及び研究し、その成果をまとめています。

ソースコードの取得がGitHubになった事以外は、基本的にはiDempiere6.1と6.2の開発環境構築方法と同じです。

事前準備

GitHubからソースコードを取得する前に下記の準備をして下さい。

開発環境PC推奨スペック

◆メモリ:8GB以上のPC

  • 4GBのメモリでは、Eclipseを立ち上げるのも精いっぱいな感じで、まともに作業ができる環境にはならないと思います。少なくともメモリは8GB以上、快適に作業したいのであれば16GB以上のメモリを推奨します。
  • CPUのコア数も多い分には越したことはありません。最低でも2コアは欲しいですし、快適に作業したいのであれば4コア以上を推奨します。
  • HDDは、快適に作業したいのであればSSDをオススメします。

 

iDempiereがインストールできる環境が整っている事

◆JDKのインストール

  • iDempiere7.1 -> JDK11 or JKD12 ※JDK11がLTSなので、JDK11をオススメします。

 

◆PostgreSQLのインストール

PostgreSQLをインストールしたら、adempiereユーザーを登録し、iDempiereのダンプファイルをリストアして下さい。

  • iDempiere7.1 -> PostgreSQLのJDBCバージョンは42.2.5です。このバージョンに対応しているPostgreSQLをインストールして下さい。推奨:PostgreSQL10の最新バージョン

 

開発環境をセットアップするための準備

◆Mavenのインストール

iDempiereでは、バージョン6.1よりビルドツールがMavenに変更になっています。そのためMavenをインストールして下さい。

 

◆Gitのインストール

iDempiereでは、バージョン7.1よりソースコードの管理がMercurialからGitに変更になっています。そのためGitをインストールして下さい。

 

◆Eclipseのダウンロード

iDempiereはEclipseを使って開発して行きます。日本語対応されているEclipseのAll in OneパッケージのPleaidesを使っても大丈夫です。iDempiereのバージョン毎に推奨されるEclipseのバージョンがあります。

  • iDempiere7.1 -> Eclipse201909

ソースコードのダウンロード

GitHubからソースコードをクローンします。

このコンテンツでは、Cドライブの直下に、srcというフォルダを作成して、そこにソースコードをダウンロードしている想定で説明しています。

 

iDempiereのリポジトリからソースコードをクローンする

Cドライブの直下にsrcというフォルダを作成して、そこで下記のコマンドを実行します。

git clone https://github.com/idempiere/idempiere.git

こでれ、下記の場所にソースコードがダウンロードされているはずです。

C:\src\idempiere

 

ブランチの切り替え(メンテナンス用のブランチのチェックアウトする)

上記のコマンドでクローンしたままでは、ワークスペースのブランチは"master"の状態になります。masterのブランチは、iDempiereコミュニティーとしては、次のバージョンに向けての開発用のブランチとの位置づけです。そのため、メンテナンスを行っているブランチに切り替える必要があります。

◆iDempiere7.1のブランチ

iDempiere7.1のブランチ名は、"release-7.1"です。

git checkout release-7.1

Mavenのvalidateとverifyの実行

GitHubからソースコードをクローンしたら、Eclipseで開く前に、Mavenのvalidateとverifyを実行して、インストールパッケージが問題無く作成できる事を確認して下さい。

mvn validate

 

mvn verify

Mavenのverifyを実行すると、iDempiereのインストールパッケージが下記のフォルダに作成されます。C:\src\idempiere\org.idempiere.p2\target\products\org.adempiere.server.product

この時点で、インストールパッケージまで作成できる事を確認するのは、開発環境構築の際のエラー原因を切り分けるためにも大切です。この時点でインストールパッケージが作成できているのであれば、ここまでの作業は問題無く行われているという確認になります。

Eclipseのワークスペースの設定

Eclipseを起動して、ワークスペースの設定を行います。

iDempiereのソースコードをダウンロードしているフォルダ(ディレクトリ)をワークスペースに指定する

 

コンパイラーの設定

Eclipseのメニュー > ウィンドウ > 設定で、主にコンパラ―の設定を確認して行きます。

iDempiere7.1は、JDK11もしくはJDK12で動作します。

ビルド・パスの問題で、「ビルド・パス・エラーの発生時にビルドを中断」を"OFF"にするのと、「不完全なビルド・パス」を"警告"、「循環依存関係」も"警告"にする事をオススメします。

 

自動的にビルドをOFFにする

開発環境の設定を変更する都度ビルドされると、時間がかかるので、自動的にビルドはいったんOFFにしましょう!!

EclipseにiDempiereのソースコードをインポートする

Eclipseの設定が完了したら、iDempiereのソースコードをワークスペースにインポートします。

Mavenプロジェクトのインポート

 

ターゲットプラットフォームのインポート

ターゲットプラットフォームの設定

Eclipseにソースコードをインポートしたら、ターゲットプラットフォームの設定を行います。

org.idempiere.p2.targetplatform.targetをダブルクリックすると、自動的にターゲットに設定されている色々なjarファイルのダウンロードが開始されます(※Eclipseの右下の処理を行っているプログレスバーに注目して下さい)。この処理は、時間的には結構かかります(目安:10分~30分くらい)。終わるまで、ちょっと一休みして下さい。

処理の47%~51%くらいにかけて、やたら長い時間処理していますが、我慢して下さい。

そこを超えればもう少しです!!

処理が完了したら、"Set as Active Target Platform"をクリックします。

"Set as Active Target Platform"をクリックすると、また処理が少し入ります。ここが無事終わったらクリーン&ビルドを実行して行きます。

もし、ここでエラーになるようであれば、ロケーションを4つ選択して、"更新"ボタンを押して下さい。それでもエラーが出るようであれば、「再ロード」そして、「Set as Active Target Platform」と押してみて下さい。

クリーン&ビルドの実行

自動的にビルドをONにする

 

クリーン&ビルドの実行

クリーン&ビルドを実行して、エラーが出なければ、開発環境の構築は、ひとまず完了です。

後は確認として、iDempiereの初期セットアップを行ってEclipseから起動してみましょう!!

iDempiereのセットアップ

iDempiereの起動

実行構成やデバッグの構成でエラーが表示された場合は、下記のコンテンツも参考にしてみて下さい。

参考サイト

関連するコンテンツ