iDempiere6.1以上の開発環境の構築

iDempiereはバージョン6.1より、開発環境の構築方法がそれまでの5.1と大きく異なっています。このコンテンツでは、iDempiere6.1の環境開発の構築方法を調査及び研究しその成果をまとめています。

Mavenのインストール

iDempiere6.1よりビルドツールがBuckminsterからMavenに変更になっています。そのため、Mavenが使えるようにセットアップします。

まずは上記のサイトにアクセスし、Mavenをダウンロードします。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、適当な所に配置してください。ここでは、Cドライブの直下に配置して説明します。

環境変数にパスを設定します。

Mavenのバージョンを確認するコマンドを入力してパスが通っていることを確認してください。

mvn -version

ソースコードのダウンロード

ソースコードのダウンロードについては、これまで同様の方法で、行うことが可能です。ダウンロードしたいフォルダでhg cloneを実行してダウンロードしてください。

次のコマンドは、iDempiereの6.1のブランチのソースコードをダウンロードする場合の例です。

hg clone https://bitbucket.org/idempiere/idempiere#release-6.1

 ここでは、Cドライブの直下にsrcというフォルダを作成し、idempiere-release6.1の中にソースコードが格納されているものとして説明します。

MavenのValidateの実行

ソースコードが格納されているフォルダもしくはディレクトリ上でMavenのコマンド validateを実行します。

mvn validate

validateは目安として1分~10分程度かかります。

EclipseとiDempiereのバージョン

iDempiereバージョン Eclipseバージョン
iDempiere6.1 Eclipse4.8(Photon)

Eclipseの初期設定

Eclipseで環境構築を行うにあたり、はじめに1回行う必要があります。

EclipseにTycho Build Toolsをインストールする

メニュー:ヘルプ -> Eclipseマーケットプレース

【補足説明】Tycho Build Toolsはインストールする必要はありません。

Tycho Build Toolsは必ずしも、インストールする必要はありません。iDempiereコミュニティーのWikiにインストールする旨が記載されているので、このコンテンツでもインストール方法を記載していますが、インストールしなくても開発環境は構築する事ができます。

EclipseにMaven Tycho Utilitiesをインストールする

メニュー:ヘルプ -> Eclipseマーケットプレース

m2e コネクターのインストール

m2e コネクター for maven-dependency-pluginのインストール

Eclipseのワークスペースの設定

Javaのコンパイラーの準拠レベルの確認

javaのコンパイラー準拠レベルを設定します。

  • ウィンドウ -> 設定
  • Java -> コンパイラー

下記のような警告が表示されている場合はインストール済みのJREの設定も変更しておいた方が良いと思います。

自動的にビルドをOFFにする

開発環境のセットアップ時に自動的にビルドがONになっていると、処理に時間がかかる場合があるとのことなので、自動的にビルドをOFFにしておきます。

ワークスペースにプロジェクトをインポート

ターゲットプラットフォームの設定をインポート

ターゲットプラットフォームの設定

インポートしたorg.idempiere.p2.targetplatformプロジェクトの中に、org.idempiere.p2.targetplatform.targetというファイルがあるのでダブルクリックします。

org.idempiere.p2.targetplatform.targetファイルをダブルクリックした段階で、処理が開始されますので、その処理が終わるまで見守ります。処理は思いのほか時間がかかります。目安としては15分~30分ほどでしょうか…。

もし処理が開始されない場合には、次の手順となるターゲット定義の"Set Active Target Platform"のクリックを行ってください。

次にorg.idempiere.p2.targetplatform.targetのターゲット定義の"Set Active Target Platform"をクリックします。

無事終了すると、下記のように"プラグイン使用可能(plug-ins available)"と表示されます。

ターゲットプラットフォームの設定でエラーになった場合の対応

プラグイン使用可能(plug-ins available)とならなかった場合の対応をいくつか下記に列挙しておきます。トラブルシューティングの参考にして下さい。

◆エラーもしくは警告がでた場合の基本的な対処方法

"Set Active Target Platform"をクリックしたあとで、下記のように警告が出ていることがあります。このような場合、その警告をクリックし、"再ロード"ボタンを押して再ロードしたあとで、"Reload Target Platform"を押して処理が順調に完了すると、エラーもしくは警告が解消されます。

◆sourcefogeのサイトに問題がある場合

sourceforgeのサイトに問題があり、ターゲットプラットフォームの設定でエラーになる時があります、そのような場合はミラーサイトを指定して、再度実行してみてください。

クリーン&ビルドの実行

リフレッシュ

念のため、"ctrl+Aで"すべてのパッケージを選択し右クリックしてリフレッシュしておきます。

クリーン&ビルド

クリーン&ビルドを実行して、エラーがなくなれば開発環境の構築は終了です。

iDempiereのセットアップ

あとはこれまで同様に、実行構成で、Eclipseアプリケーションのinstall.appを実行して初期設定を行えば、開発環境の構築は終了です。これで、iDempiereをEclipseから起動することができます。

参考サイト