JPiereのリポジトリについて

開発環境を構築するにあたり、ソースコードはリポジトリより取得する事をオススメします。そこで、ここではJPiereのリポジトリについて説明します。

JPiereのリポジトリは、2019年12月よりGitHubに移転しています。

JPiereのリポジトリ
JPiereのリポジトリ

iDempiereのソースコードを管理するリポジトリ

JPiereのリポジトリでは、iDempiereのソースコードをタイプスタンプ的に、ブランチ毎にとってあります。

GitHubのJPiereのiDempiereリポジトリ

GitHubのJPiereアカウントにあるiDempiereリポジトリは、iDempiereコミュニティーのリポジトリと月に1回程度を目安に同期をとっているリポジトリです。最新のJPiereは、このiDempiereリポジトリの最新のメンテナンスバージョンのブランチで動作するようにメンテナンスしています。

【注意】Default(Master)のブランチは開発用のブランチです。

iDempiereコミュニティーでは、iDempiere5.1よりDefault(Master)のブランチを次期バージョンに向けた新機能の開発用のブランチとして使用しています。メンテンナンスバージョンのブランチとは基本的に、ブランチの中で最も数の大きなバージョン番号が付されているブランチです。

【補足説明】JPiereのバージョンアップ

JPiereは月に1回程度を目安に、最新のメンテナンスバージョンのiDempiereで動作するようにメンテンスしています。そのため、最大で1ヶ月程度は、最新のiDempiereのメンテナンスバージョンのソースコードとタイムラグが発生する事になります。

そのため、iDempiereコミュニティーのリポジトリを利用してソースコードをクローンしてダウンロードした場合、タイムラグの期間分は独自にメンテナンスして頂く必要があります。具体的には、マイグレーションスクリプトの適用です。タイムラグの期間にマイグレーションスクリプトがあった場合には、それを適用して下さい。

JPiereのソースコードを管理するリポジトリ

JPiereベースプラグイン(JPBP)

JPiereにおいて必須となるJPBP(JPiereベースプラグイン)を管理しているリポジトリです。

JPiereコンフィギュレーションズ(JPCS)

JPiereにおいて必須となるJPCS(JPiereコンフィギュレーションズ)を管理しているリポジトリです。JPCSの実態はPostgreSQLのダンプファイルです。JPiereの開発環境を構築する際には、必ずJPCSで管理しているPostgreSQLのダンプファイルを使ってデータベースをリストアして下さい。

JPiereのダンプファイル

最新のJPiereのソースコードを使用する場合、PostgreSQLのダンプファイルも最新のダンプファイルを使用してリストアする必要があります

JPiereのダンプファイルは、JPCS(JPiereコンフィギュレーションズ)のリポジトリで管理しています。

JPCSのリポジトリの直下のdataフォルダの中にある、ExpDat.jarファイルがJPiereの最新のダンプファイルになります。

JPiereモディフィケーションズ(JPMS)

JPMS(JPiereモディフィケーションズ)を管理しているリポジトリです。JPMSはなくても、システム的には動作しますが、より快適にJPiereを利用するためにJPMSを使用する事をオススメします。

JPiereフラグメンツ(JPFS)

JPFS(JPiereフラグメンツ)を管理しているリポジトリです。JPiereのデザインなどのデータが含まれています。

JPPS(JPiereプラグインズ)のリポジトリ

JPPSのリポジトリはその分類上、機能毎に1つのリポジトリがあります。

その他のリポジトリ

Japanese Translation

iDempiereとJPiereの日本語訳のXMLデータを管理するリポジトリです。