【はじめようJPiere】受注管理

 受注管理の機能はiDempiereでもっとも大切な機能のひとつです。特に受注伝票は得意先からの注文を管理し、色々な業務の起点となります。受注管理の機能はJPiere / iDempiereを学びはじめに触れる機能として相応しい機能です。JPiere / iDempiereの業務機能は受注管理の"受注伝票"から学ぶのをオススメします。

iDempiereトレーニング研修

受注伝票

 得意先より注文を受けた際に、受注伝票(Sales Order)を起票します。受注伝票では受注情報、引当状況、出荷(納品)状況、得意先への請求状況(売上計上状況)を把握する事ができます。受注伝票の完成時に在庫の引当が行われ、出荷納品伝票を完成すると在庫の引当が解除されます。受注伝票では通常は、自動仕訳は起票されません。

JPiereドキュメント-受注伝票

JPiereドキュメント-引当管理

JPiereの受注管理に関連するカスタマイズ

iDempiereの受注管理に関連するコンテンツ

【補足説明】iDempiere & JPiere を活用したい方&学びたい方へ

 iDempiereとJPiereはオープンソースのため、ソースコードを読んだり、インターネットに散見される情報を拾い集めて学習する事は可能ですが、それには膨大な時間と労力が必要です。そして、独学ではなかなか全体像が把握できず、木を見て森を見ず"という状態に陥りやすくiDempiereとJPiereを正しく理解し活用する事は困難でしょう。

 そこでJPiereの母体となっている、iDempiereをよりよく知ってもらい上手に活用して欲しいという思いから、オープンソースのERP iDempiere(アイデンピエレ)を体系的に学べるトレーニング講座を用意していいます。iDempiereのトレーニングを受講して頂く事で、効率よくiDempiereを学ぶ事ができ、不用意なトラブルを未然に防ぐ事にもつながります。