Google Compute EngineのUbuntu20.04LTSにiDempiere9をインストールする

Google Compute Engineのクラウト上で、Ubuntu20.04LTS(2025年4月頃までのサポート)にiDempiere9もしくはJPiere9をインストール(デプロイ)する方法について調査及び研究し、その成果をまとめています。

基本的な流れは、他のLinuxディストリビューションでも同じになります。

インスタンスを作成する

Google Compute Engine(以下、GCE)でUbuntu20.04のインスタンスを作成して下さい。

GCEのインスタンスを作成する方法や、そのインスタンスへのアクセス方法については、このコンテンツでは省略します。知りたい方は下記のコンテンツを参照して下さい。

OpenJDK17のインストール

OpenJDK17を下記のコンテンツを参考にインストールして下さい。

unzipのインストール

iDempiereのインストールパッケージやPostgreSQLのダンプファイルがZIP圧縮さているので、解凍するためにインストールします。

sudo apt-get install wget unzip

PostgreSQLのインストールと初期設定

iDempiere9で使用しているPostgreSQLのドライバーは42.3.3です。このドライバーに対応しているPostgreSQLを使用して下さい。 

※JPiere9のPostgreSQLのダンプファイルは、PostgreSQL13から取得しています。

iDempiere or JPiereのダウンロード

iDempiereをインストールしたい場合は、iDempiereのインストールパッケージをダウンロードして下さい。JPiereをインストールしたい場合は、JPiereのインストールパッケージをダウンロードして下さい。

iDempiereのダウンロード

iDempiereのインストールパッケージはSourceForgeで公開されています。

iDempiereコミュニティーが用意しているインストールパッケージは、バージョンアップしたタイミングのインストールパッケージと、日々ビルドされているインストールパッケージが用意されています。ここでは、バージョンアップしたタイミングで公開されたインストールパッケージをダウンロードします。

Path : Files > v9 >server

  • idempiereServer9.gtk.linux.x86_64.zip
ソースフォージ
ソースフォージ

JPiereのダウンロード

JPiereのインストールパッケージはOSDNで公開しています。

https://ja.osdn.net/projects/jpiere/

JPiereのインストールパッケージは、概ね半年の間隔で最新のインストールパッケージを公開しています。

ダウンロード > リリース一覧

下記のファイルをダウンロードして下さい。

  • JPiereServer9.Linux.x86_64.zip … JPiere8.2のインストールパッケージ
  • ExpDat.jar … PostgreSQLのダンプファイル

【注意】JPiereのインストールパッケージには、iDempiereも含まれています。

JPiereは、iDempiereを日本商慣習対応させるためのプラグイン群ですが、OSDNで配布しているJPiereのインストールパッケージには、iDempiereも含めたシステム全体として配布しています。そのため、JPiereをインストールするのに、予めiDempiereをインストールしておくような事は不要です。

【補足説明】本番環境にはソースコードからビルドしたインストールパッケージを使用して下さい。

iDempiereのインストールパッケージもJPiereのインストールパッケージも、公開されているインストールパッケージは検証用です。本番環境で使用する際には、ソースコードからビルドしたインストールパッケージを使用して下さい。そしてビルドしたソースコードはGitHubなどに大切に保管しておいて下さい。

iDempiere9/JPiere9のインストール(デプロイ)

ダウンロードしたiDempiere9もしくはJPiere9のインストールパッケージを、GCEのインスタンスに転送して下さい。

Zipファイルの解凍

◆iDempiereの場合

iDempiereの場合は、idempiereServer9.gtk.linux.x86_64.zipの中に、iDempiereのサーバーデイレクトリとダンプファイルの両方が入っています。そのためまずは、idempiereServer9.gtk.linux.x86_64.zipを解凍します。

  • idempiereServer9.gtk.linux.x86_64.zip -> idempiere.gtk.linux.x86_64ディレクトリ

sudo unzip idempiereServer9.gtk.linux.x86_64.zip

解凍したidempiere.gtk.linux.x86_64ディレクトリの中に、idempiere-serverディレクトリ(以下、%idempiere-server%)があり、このディレクトリがiDempiereの本体となります。

解凍するとディレクトリ階層がかなり深くなるので、少し浅い所に移動しておきます。

 下記のコマンドは%idempiere%を 「/opt/」に移動させる例です。「/opt/」の部分は、適宜変更して下さい。

sudo cp -r idempiere.gtk.linux.x86_64/idempiere-server/ /opt/

 

◆JPiereの場合

JPiereの場合は、JPiereServer9.Linux.x86_64.zipを解凍すると、JPiereサーバーデイレクトリ(以下、%jpiere-server%)になります。また、ダウンロードしたExpDat.jarを解凍すると、PostgreSQLのダンプファイルになります。

  • JPiereServer9.Linux.x86_64.zip -> jpiere-serverデイレクトリ
  • ExpDat.jar  -> ExpDat.dmpファイル

sudo unzip JPiereServer9.Linux.x86_64.zip

sudo unzip ExpDat.jar

PostgreSQLのダンプファイルのリストア

◆iDempiereのダンプファイル

iDempiereのPostgreSQLのダンプファイルは、%idempiere-server%/data/seedデイレクトリにあるAdempiere_pg.jarファイルです。Adempiere_pg.jarファイルをZip解凍します。

sudo unzip Adempiere_pg.jar

解凍すると、Adempiere_pg.dmpファイルになります。このファイルをPostgreSQLにリストアます。

psql -d idempiere -U adempiere -f Adempiere_pg.dmp

 

◆JPiereのダンプファイル

JPiereのPostgreSQLのダンプファイルは、iDempiereのダンプファイルとは異なりますので気を付けて下さい。OSDNからJPiereのインストールパッケージと一緒にダウンロードしたダンプファイルを使って下さい。

psql -d idempiere -U adempiere -f ExpDat.dmp

【注意】JPiereのインストールにはAdempiere_pg.jarは使用しない!!

JPiereのインストールパッケージと一緒にダウンロードした、ExpDat.jarを解凍してリストアして下さい!!

iDempiere/JPiereの初期セットアップ

ここからは、iDempiereもJPiereも同じ手順です。

◆idempiereファイルの権限をゆるくする

idempiere-serverディレクトリの直下にあるidempiereファイルの権限をゆるくしないと、初期セットアップがパーミッションエラーになるので、ゆるくしておきます。

sudo chmod 777 idempiere

 

◆console-setup.shの実行

console-setup-alt.shを実行して、初期セットアップを行います。

sudo sh console-setup.sh

  • Java Home [**********] ※自動入力(Default)
  • iDempiere Home [**********] ※自動入力(Default)

 【SSLの設定】

  • Key Store Password [myPassword] ※自動入力(Default)
  • (ON) Common Name [root] ※自動入力(Default)
  • (OU) Organization Unit [iDempiereUser] ※自動入力(Default)
  • (O) Organization [root] ※自動入力(Default)
  • (L) Local/Town [MyTown] ※自動入力(Default)
  • (s) State []
  • (c) Country(2 Char) [US] ※手入力 [JP] でも可

【アプリケーションサーバー】

  • Application server host Name [GCEのインスタンス名]
  • Application Server Web Port [80]
  • Application Server SSL Port  [443]

【データベースサーバー】

  • DB Already Exists? (Y/N)   [Y]
  • Database Type  [2] ※PostgreSQL
  • Database Server Host name  [localhost] ※自動入力(Default)
  • Database Server Port  [5432] ※自動入力(Default)
  • Database Name  [idempiere] ※自動入力(Default)
  • Database user  [adempiere] ※自動入力(Default)
  • Database password  [adempiere] ※自動入力(Default)
  • Database System User Password   [] ※postgresユーザーのパスワード

【データベースサーバー】

  • DB Already Exists? (Y/N)   [Y]
  • Database Type  [2] ※PostgreSQL
  • Database Server Host name  [localhost] ※自動入力(Default)
  • Database Server Port  [5432] ※自動入力(Default)
  • Database Name  [idempiere] ※自動入力(Default)
  • Database user  [adempiere] ※自動入力(Default)
  • Database password  [adempiere] ※自動入力(Default)
  • Database System User Password   [] ※postgresユーザーのパスワード

【メールサーバー】

  • Mail Server Host Name  [localhost] ※自動入力(Default)
  • Mail User Login  []
  • Mail User Password  []
  • Administrator Email  []
  • Save changes (Y/N)  [Y]

iDempiereの起動

$ sudo sh idempiere-server.sh &

 これで、iDempiereが起動されます。

iDempiere9からセキュリティーの理由により、SSL/TLS(https)でのアクセスが強制されてます。

iDempiereでは初期セットアップ時に、いわゆるオレオレ証明(自己証明)ですが、SSL/TLS(https)でアクセスできるようにしています。通常ブラウザが警告をだすと思いますが、それを無視すれば下記のURLでアクセスできます。

  • hppts://ドメイン(or IP):8443/webui/  ※例: https://localhost:8443/webui/

iDempiere or JPiereの初期セットアップをWebポートを[80]、SSLポートを[443]に指定した場合は下記のURLでアクセスする事ができるはずです。

  • http://ドメイン(or IP)/webui/
  • https://ドメイン(or IP)/webui/

もちろん、オレオレ証明書ではない、ちゃんとしたサーバー証明書を使ってSSL/TLSの設定をする事もできます。

サポーターズコンテンツ

 

日本語環境にする

上記までの手順でiDempiereの起動はできますが、PDFのレポートを表示した時に日本語が□(とーふ)状態で表示されてしましますので、下記を参照して対応して下さい。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -

sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/focal.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list

sudo apt update

sudo apt-get upgrade

sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

 

上記コマンドを実行したらいったんUbuntuごと再起動をするのをオススメします。