2016年

1月

22日

【JPIERE-0151】販売地域の階層化

 iDempiereの標準機能では販売地域のマスタは階層構造化して管理できるようにはなっていませんが、JPiereでは販売地域マスタを階層構造化して管理できるようにしました。

 JPiereの標準設定では3階層としていますが、テーブルを追加する事により何階層にでもできるように拡張性を持たせています。

 この事により、より細かく販売地域を設定しミクロ的なデータ分析と、各階層レベルで合計する事によるマクロ的なデータ分析の両方を行う事ができます。

販売地域階層のテーブル関係

追加テーブル

JP_SalesRegionL1

 JP_SalesRegionL1テーブルは、iDempiere標準の販売地域(C_SalesRegion)を束ねるためのテーブルです。テーブル名称はSales Region Level1(販売地域階層レベル1)の意味です。

 

JP_SalesRegionL1_Trl

 JP_SalesRegionL1の翻訳テーブルです

 

JP_SalesRegionL2

  JP_SalesRegionL2テーブルは、JP_SalesRegionL1を束ねるためのテーブルです。テーブル名称はSales Region Level2(販売地域階層レベル2)の意味です。

 

JP_SalesRegionL2_Trl

 JP_ProductCategoryL2の翻訳テーブルです。

ウィンドウイメージ

販売地域階層レベル2タブ(JP_SalesRegionL2)

販売地域階層レベル1タブ(JP_SalesRegionL1)

販売地域タブ(C_SalesRegion)

検収基準売上計上資料

関連するコンテンツ