iDempiere(アイデンピエレ)のインポートとエクスポート

ここでは、オープンソースのERP iDempiereに標準機能としてあるデータのインポートとエクスポート機能について調査及び研究し、その成果をまとています。

データインポート

iDempiereの標準機能では、データのインポート機能は2つの処理方法に大別されます。

  • バックエンドのインポート処理
  • フロントエンドのインポート処理

バックエンドのインポート処理

公開コンテンツ

"バックエンドのインポート処理"は、データインポート専用のメニューが用意されており、ファイルローダーを使用して、インポート専用テーブル(中間テーブル)にデータを格納し、その後プロセスを呼び出して、インポートしたいテーブルにデータをインポートします。

Compiereの頃よりあるインポート処理です。データのインポートを、データ入力画面(ウィンドウやフォーム)とは別のメニューで行うため"バックエンドのインポート処理"と呼んでいます。

◆バックエンドのインポート処理メニュー

▼システム管理(System Admin)

▼データ(Data)

▼データインポート(Data Import)

  • インポートフォーマット作成(Import Loader Format)
  • データインポート処理(Import File Loader)
  • 取引先マスタインポートテーブル(Import Business Partner)
  • 品目マスタインポートテーブル(Import Product)
  • プライスリストインポートテーブル(Import Price List)
  • 勘定科目インポートテーブル(Import Account)
  • レポート行インポートテーブル(Import Report Line Set)
  • 棚卸データインポートテーブル(Import Inventory)
  • 在庫移動データインポートテーブル(Import Inventory Move)
  • 受発注データインポートテーブル(Import Order)
  • 請求データインポートテーブル(Import Invoice)
  • 入出荷確認データインポートテーブル(Import Confirmations)
  • 通貨レートインポートテーブル(Import Currencry Rate)
  • GL仕訳データインポートテーブル(Import GL Journal)
  • 入金支払データインポートテーブル(Import Payment)
  • 固定資産データインポートテーブル(Imported Fixed Asset)
  • 出納帳データインポートテーブル(Import Bank Statement)

 

フロントエンドのインポート処理(インポートファイルローダー)

公開コンテンツ

フロントエンドのインポート処理は、ウィンドウのツールバーのアイコンをクリックする事により、インポートファイルローダーを呼び出しデータをインポートする事ができます。データのインポートをウィンドウから行う事ができるので、"フロントエンドのインポート処理"と呼んでいます。

インポートファイルローダー
インポートファイルローダー

インポートファイルローダーの活用法

公開コンテンツ

インポートファイルローダーを活用すると、異なる環境でのデータを移行する事も容易にできます。

インポートファイルローダーのソースコードを読む

サポーターズコンテンツ

インポートファイルローダーは、手軽にウィンドウからデータをアップロードできるので使いやすい反面、エラーが発生すると、そのエラー原因を調査するためにデバッグするのが少々手間です。その手間を軽減させるために、ソースコードをデバッグする際の参考となる情報をまとめておきます。

データエクスポート

iDempiereのデータエクスポート機能はとても柔軟で、手動でデータをダウンロードするだけでよければ、多くの場合パラメータ設定だけで対応する事ができます。

作成中…

インポートとエクスポートTips

非公開コンテンツ

データインポートとエクスポートに関係するJPiereジェイピエール)のカスタマイズ一覧